はじこい(ドラマ)の犬とろろが可愛いが犬種や年齢は?性格や値段も気になる

Pocket

「はじこい」はとは、ドラマ『初めて恋をした日に読む話』の略称です。毎週火曜日22時からTBS系で放送されています。

 

深田恭子さん演じる春見順子は色々残念な鈍感アラサ―女子で、塾講師をしています。腰も弱いです。

 

「何になりたいのかわからない」

「自分が何をしたいのかわからない」

 

そんな誰もが一度は持つ悩みを抱え、それでも懸命に生きる順子。

 

そんな順子にも、とある目標が出来ました。それが横浜流星さん演じるピンク頭の不良学生、

 

由利匡平を東大に合格させるというものです。果たして順子は、もう一度輝きを取り戻せるのでしょうか。

 

そして春見順子を巡り、永山絢斗さん・横浜流星さん・中村倫也さんらタイプの違う3人が火花を散らします。そんなドタバタラブコメディが「はじこい」です。

 

さて、はじこいにおいて、テレビ映えする一際モフモフな存在がいます。それが順子の愛犬『とろろ』です。

 

今回はその愛犬・とろろに注目していきたいと思います。

 

 

 

ドラマ『はじこい』の犬とろろが可愛い!

 

まずはその「とろろ」をご紹介しましょう。

 

 

座った深田恭子さんと同じぐらいの大きさです。そして可愛い!巷では深田恭子さんより可愛いという声も…。

 

SNSでも大人気で検索すると、とろろの画像で溢れかえっています。

 

 

ドラマでは深田恭子さんの癒し役兼愚痴聞き役として登場しますが、テレビの前の視聴者も、深田恭子さんととろろのツーショットで癒されているんですね。

 

犬のとろろの犬種や年齢は?

 

ドラマを見ていて、とろろの犬種は何か気になった方も多いかと思います。何しろあんなに「とろろ」という名前の似合う犬もなかなかいないと思います。

 

ということでとろろの犬種について調べました。

 

 

とろろの犬種は『オールドイングリッシュシープドッグ』というものです。

 

名前の通り、イギリス原産の牧羊犬です。大きく成長すると45㎏ほどにもなるそうです。

 

とろろはかなり大きいので、大人のオールドイングリッシュシープドッグでしょう。

 

そしてオールドイングリッシュシープドッグの平均寿命は10~12年ほどと言われています。

 

また特徴でもある長い被毛は、大人になるにつれ、黒からグレーへと生え変わるそうです。とろろは立派なグレーの毛に覆われています。

 

7歳頃からは老犬期と言われていますので、年齢は7歳より上だと思われます。もしかするともう少し上かもしれませんね。

 

性格や値段はいくら?

 

 

オールドイングリッシュシープドッグの性格は、ドラマで見た通りとても大人しいです。大人しいというより賢いと言ったほうが正しいかもしれません。

 

陽気で従順な性格のようですが、しっかりとした躾が必要なようでして、初心者が飼うにはあまり向いていないそうです。

 

またオールドイングリッシュシープドッグの子犬の値段ですが、平均で25~30万円と高額になっています。

 

その高さの理由は出産頭数の少なさにあるようです。要するに登録頭数が少ない希少な犬種ということです。

 

ということで今回は「はじこい」に登場する癒し犬、「とろろ」についてまとめました。

 

今後も順子がストレスを感じた時、何か問題が起きた時などに、癒し役として登場することでしょう。その度に順子と共に我々視聴者も癒されることになると思います。

 

ドラマの内容も気になりますが、あえて「とろろ」に注目して見るのも面白いかもしれませんね!