【漂着者】柴田刑事(生瀬勝久)は過去に何があった?子供は行方不明?

今話題となっているドラマ「漂着者」、新潟県警の刑事を演じているのが生瀬勝久さんです。

役柄は敏腕刑事と言うことで、いち早く現場に駆けつけ事件を解決に導く刑事ですが

 

今回ヘミングウェイが瞑想しているような動画を、いつもの女子高生たちがアップしました。

それを相棒の野間が柴田刑事に見せたところ異変が感じられました。

 

【漂着者】柴田刑事(生瀬勝久)は過去に何があった?子供は行方不明? 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

金曜ナイトドラマ『漂着者』【公式】(@hyochakusha2021)がシェアした投稿

いつも動画を撮っている女子高生たちは、この動画を撮った後アップするかどうか悩みました。

 

柴田俊哉刑事とは? 

生瀬勝久さん演じる柴田刑事とは、新潟県警刑事部捜査1課の刑事ですが、情熱的なのか、少しの情報を頼りに、

すぐに現場に駆けつけてしまうようなタイプの刑事です。話の詳細よりも現場を早く確認したいと言うタイプでしょうか。

 

しかし、その性格が良い方向に働いた時もありました遥香ちゃんがいなくなったとき

野間がヘミングウェイが描いた絵を見せたときに、隅に描かれていたノコギリのような絵を見て、

 

すぐに使われていない金物工場へと行きました。そして手分けをし探し始め、絵に書いてあるのが、だとわかり

その中の一つ一つを確かめていくと、中に手足を縛られた遥香ちゃんがいました。

 

上からの指示を待たずに、すぐに動いた柴田刑事のおかげで、遥香ちゃんは怪我をすることなくすぐに救出することができました

 

過去に何があった?子供は行方不明?

そんな熱い情熱を傾ける刑事でも、よく見ていると女性に対して心遣いがあるように感じます。

頻繁に接することがある新聞記者の新谷ついては、ひっそりと情報交換をしていますが、

 

ヘミングウェイに関わる人たちが亡くなっていることから、あまり関わりすぎることに心配をしています。

遥香ちゃんの時もいち早く動いたのには、早く彼女のことを救いたいと言う気持ちが強く動いたのでしょう。

 

なぜ、女性に対してそのような心配する様子を見せるのか、ヘミングウェイの瞑想のような動画を見てわかりました

柴田の脳裏に浮かんだのは、公園でシャボン玉をしている小さい女の子。

 

はじめは意味が分かりませんでしたが、最後にヘミングウェイと2人きりになったときに、

ヘミングウェイが「ひかりちゃんがあいたがってますよ」と言った時に過去の光景が蘇りました。

 

公園で自分の子供を遊ばせている間、仕事の電話がかかってきて、少し背を向けている間に子供は行方不明になったのです。

 

生瀬勝久さんプロフィール!ネットの反応は? 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

金曜ナイトドラマ『漂着者』【公式】(@hyochakusha2021)がシェアした投稿

では数々のドラマで名バイプレイヤーとして活躍する、生瀬勝久さんのプロフィールから見ていきましょう。

生瀬勝久さんプロフィール!  

名前 生瀬勝久(なませ かつひさ)

旧芸名、槍魔栗三助(やりまくり さんすけ)

生年月日 1960年10月13日 

出身地 兵庫県

出身校 同志社大学文学部社会学科

職業 俳優、タレント

身長 178センチ

血液型 O型

デビュー 1982年

事務所 リコモーション

大学に入学した頃から演劇を始める。その時に辰巳琢郎が座長勤めていた「そとばこまち」にスカウトされ、

本格的に演劇の道へと進んでいく。そこで芸名を考えたところ槍魔栗三助となった。

 

大学卒業後は大手企業から内定をもらっていたが、それよりも演劇の道を選び、所属していた劇団の第4代目の座長となる。

そしてテレビにも進出し始め、今でも人気の「探偵ナイトスクープ」の初期メンバーでもある。

 

芸名を本名にしたのは1988年に出演したNHKのドラマに対して、名前があまりよろしくないと言うことで、

本名の生瀬勝久で出演していたが、しばらく使い分けていた。しかし1990年に本名へ統一した

 

ネットの反応は?

ヘミングウェイが振り向いた時に「パパ」と言った時にひかりちゃんの声でしたね。

ヘミングウェイは状況を視るだけでなく、憑依することもできると言うことでしょうか。

 

そしてひかりちゃんが詠美ではないかと言う意見と、女子高生のペリではないかと言う意見に分かれています。

あともう一点気になるのは、前からおそらく幼女誘拐があり、その行き先はローゼンのところだった。

 

だからひかりちゃんは今もローゼンのところで暮らしているのではないでしょうか。

 

まとめ

・柴崎刑事はどちらかと言えば突っ走る形の刑事

・よく見ていると女性に対してとても心配している様子がある。それは過去に自分の子供が連れ去られたからか?

・生瀬勝久さんのプロフィール。もともとは辰巳琢郎さん達との劇団にいた

・今回のひかりちゃんの件に対して、Twitter上での反応は?詠美だとの見方が多い

 

今まで柴田刑事の過去が明らかになって来ませんでしたが、突然「ひかりちゃん」が登場し、かなりの動揺から

自分の娘が過去に行方不明になっているということがわかりました。しかしヘミングウェイの言葉からすると、

 

彼女は今も生きていると言うことです。以前に誘拐幼児は既になくなっていたため、ヘミングウェイには視えませんでした。

しかし今回ひかりちゃんの姿が視えていると言う事は、今生きていると言うことです。そして父が迎えに来るのを待っていると言うことではないでしょうか。 

 

しかしなぜ最後にヘミングウェイは、ひかりちゃんになったのでしょう?あれから何年も経っていれば、

声も変化しているはずですが、子供の声でした。もしかしてひかりちゃんは、実験により成長が止まっていると言うことでしょうか。

 

ABOUTこの記事をかいた人

30代の子持ちの会社員です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 子供がいて記事を書く時間がなかったり、他のライターさんと協力して記事を書かせて頂いています。ためになる情報も書いていきたいです! ドラマ記事がメインですが、まだ小さい子供もいるので、テレビ記事、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!