【はだしのゲン】閲覧制限で何が問題なの?残酷シーンか歴史と違うから?

皆さんは【はだしのゲン】という作品をご存知でしょうか。

中沢啓治さんによる自身の被爆体験をもとに描かれた漫画作品です。小学校の図書館などに並んでいて、その時に知った方も多いのではないでしょうか。私もその一人です。

 

しかし一部の小学校や施設などでは【はだしのゲン】の閲覧制限があるところもあるそうで、たびたび論争となっています。

ということで今回は漫画【はだしのゲン】の閲覧制限やその理由についてまとめました。

 

【はだしのゲン】閲覧制限!何が問題? 

 

 

【はだしのゲン】閲覧制限のところもあり!  

【はだしのゲン】が閲覧制限がかかった図書館があるそうです。事の発端は201212、松江市教育委員会が松江市内の小中学校に対して

閉架措置及び貸出閲覧制限を求めていたことが取り上げられ、全国的に話題となりました。その後メディアなどでも取り上げられ表現の自由や知る権利、図書館のあるべき姿などが議論されました。

 

これに対し教育委員会側へ多くの批判や苦情が殺到し、教育委員会は制限要請を撤回することとなりました。

何が問題?

ではなぜ松江市教育委員会は【はだしのゲン】の閲覧制限を設けようとしたのでしょうか。真っ先に考えられるのが過激な描写でしょう。

私自身も小学生時代に何も知らずに手にとってショックを受けた記憶があります。

 

実際に「今までに読んだ戦争ものやパニック系漫画で衝撃を受けたものは?」と言うアンケートで、【はだしのゲン】がダントツでトップだったようです。

何も知らずに手にとってしまった人はトラウマになっても仕方ない内容ですね。また一部の読者からは「漫画の描写が現実と違う」という意見もあるようです。

 

問題は?残酷シーンが歴史と違うから? 

 

 

問題は?残酷シーンが歴史と違うから?

残酷なシーンが歴史と違うという意見があります。そもそも【はだしのゲン】は1部と第2部にわかれています。

1では皆さんの持つイメージ通り、戦争の激しさや残酷さ、悲惨さなどを伝えています。これは当時を知る教材として重要であることは言うまでもありません。

 

しかし2になると少し毛色が変わってきます。第2部はやや説教臭くなり、戦争責任を追求したりしています。また残酷な描写を何の出典もなく描かれており、一部の識者からは歴史と違うという声が上がっています。

 

そもそも1部は少年誌で連載されていました。したがって小学生が読むことを前提に描かれています。

しかし2部は機関誌で連載されていました。つまり子供ではなく大人が読むように作られているのです。ここの制作する際の差がこのような問題を生んでしまったのでしょう。

ネットの反応は?

ではネットの反応を見てみましょう。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

ネットの反応を見てみても、やはり閲覧制限に関しては批判的な意見が多くみられました。

今からおよそ8年ほど前の問題ですが、今でも盛んに議論が行われているのを見ると、それだけ大きな問題であったということが伺い知れます。

まとめ

・8年前に小中学校に対して松戸市が閲覧制限を設けた

・理由としては表現の過激さが原因か?

・歴史と異なる部分があるのは、初期が子供向け雑誌だったのに対し、後編は大人向けの雑誌だったため

・SNSでも閲覧制限については議論され続けている

 

ということで今回は、漫画【はだしのゲン】の閲覧制限やその理由などについてまとめました。最も大きな要因としては、やはりその残酷な描写があったと思います。

しかしそれは私たちにも知る権利がありますので閲覧制限に関して批判的な意見があるのも頷けます。

 

これからもこのような問題は出てきそうですが、正しい歴史や知識を持つことが大切になってくるでしょう。