【100万回言えばよかった】ゴーストとの違いや似ている部分をまとめた

恋人が突然幽霊になってしまった。近くにいるのに触れることも話すこともできない。直木と悠依。

このドラマについて、Twitterではアメリカ映画で1990年にデミ・ムーア出演で大ヒットした、

 

「ゴースト~ニューヨークの幻~」によく似ている。と話題になっています。一体どういったところが似ているのでしょうか!?

 

映画『ゴースト』と100万回言えばよかったが似ている?類似点は? 

いきなりサムが襲われてゴーストになりますよね。

 

 

映画『ゴースト』と100万回言えばよかったが似ている? 

「ゴースト」では陶芸家の女性モリ―が、結婚の約束をした日に恋人をうしないますが、直木もプロポーズをしようとしていた日

すでに亡くなっていて、プロポーズはできませんでした。両方ともプロポーズがきっかけになっています。

 

そして、サムはなんとかモリ―に話しかけたり、触れたりしようとしますが、それはどうしても叶わないのですが、

直木も悠依に触ろうとしても、指が通り抜けてしまい触れません。悠依の涙をぬぐいたくてもそれもかなわないのです。

 

しかし、どちらにも「ゴースト」となった、サムと直木、モリ―と悠依の間を取り持つ人物が現れます。

 

類似点は?

・何かの事件に巻き込まれて男性がなくなる

・男性は自分が亡くなったことに最初は気づかない

・女性に触れようと色々試みる

・二人を取り持つ人物が現れる

・二人しか知らないエピソードが第三者から語られる

・女性は男性の存在を近くに感じている

・ゴーストの仲間が登場する

・女性のことが心配で男性は成仏できない

・人の体に憑依できる

 

 

ゴーストとの違いは?ツイッターの反応は?

では違いは何でしょうか!?

 

ゴーストとの違いは?  

・「ゴースト」では恋人の前でサムが殺害される

・「100万回」では直木はどこで殺害され、遺体がどこにあるのかわからない

・「100万回」ではすぐに協力者の魚住が現れる

・「ゴースト」ではインチキ霊媒師がオダ=メイがサムをきっかけに目覚め、間を取り持つ

・「ゴースト」では最初から事件性をにおわせている

 

ツイッターの反応は?

こうして人物比較が出ると、なるほどなぁと思いますね。と、私もリアルタイムで視聴していたので、

おもいっきり「昭和」ですが、あの映画は誰もがあの時あこがれた作品だったと思います。

 

まとめ

・どちらの作品もプロポーズした日、しようとした日に男性が亡くなっている

・男性と女性を取り持つ第三者が現れる

・ゴーストでは第三者がなかなか現れないため、サムは試行錯誤する時間が長い

・Twitterではやはり「ゴースト」を感じる人が多い

 

ゴースト~ニューヨークの幻」この作品が公開された時は、ちょうどデミ・ムーアが妊婦ヌードで雑誌の表紙を飾るなど

話題性もありましたね。印象的なのは、ろくろを回すモリ―の後ろから包み込むようにサムが、ろくろを回す。

 

それをモリ―は近くにいると感じているシーンでした。こんな印象的なシーンがこれからドラマでは現れるのでしょうか!?

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

30代の子持ちの会社員です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 子供がいて記事を書く時間がなかったり、他のライターさんと協力して記事を書かせて頂いています。ためになる情報も書いていきたいです! ドラマ記事がメインですが、まだ小さい子供もいるので、テレビ記事、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!