【思い、思われ、ふり、ふられ】ロケ地や撮影場所は神戸?エキストラ募集は?

Pocket

少女漫画雑誌、別冊マーガレットで連載されている、咲坂伊緒さん『思い、思われ、ふり、ふられ』がこの度実写映画化されることが決まりました。

 

現在は原作コミックが11巻まで発売されており、なんと来月の別冊マーガレット6月号で最終回となるようです。

 

ファンからは“ふりふら”の愛称で呼ばれていて、非常に人気の作品になっております。

 

恋愛観の異なる2人の女子高生がヒロインのストーリーで、実写のみならず現在はアニメーション映画の制作も進んでいます。

 

そんな人気コミックが原作の『思い、思われ、ふり、ふられ』について、今回はその概要と実写化にあたってのロケ地やエキストラ募集について調べていきたいと思います!

 

 

映画【思い、思われ、ふり、ふられ】概要

 

友人の引越しの見送りがきっかけで出会った、市原由奈(福本莉子)と山本朱里(浜辺美波)。

話しているうちに朱里は由奈の住むマンションに引っ越してきた同級生であることがわかります。

由奈は人見知りで自分に自信が持てずにいる控えめな性格で、反対に朱里は明るく何事にも積極的に挑戦していくような性格です。

こんな真逆の性格の二人でも、正反対だからこそ次第に仲良くなっていきます。

恋愛においても、由奈は夢見がちなタイプで、一方の朱里は現実的な恋愛を好みます。

そんなとき、由奈が気になっていた王子様のような人物が、実は朱里の弟・理央(北村匠海)だったことが判明します。

親友である由奈に、弟のことを“薦められるような人じゃない”と思いますが、朱里は由奈の気持ちを大切にし応援することに決めます。

朱里もある人物に恋心を抱きますが、それは由奈の幼馴染である乾和臣(赤楚衛二)でした。4人の想いやそれぞれの抱える悩み、そして秘密が交差し合う、青春ラブストーリーになっています。

 

 

映画【思い、思われ、ふり、ふられ】のロケ地や撮影場所は神戸?

 

今回のドラマは全ての撮影が神戸で行われたそうです!それではさっそく、ロケ地や撮影場所について見ていきたいと思います!

 

 

神戸高校

住所:〒657-0804 兵庫県神戸市灘区城の下通1丁目5-1

 

シーン名:ヒロインの通う高校?(予想)

断定はできませんがおそらくヒロインたちの通う高校として使用されたのではないでしょうか。

高校生の物語なので学校は撮影に必須だと思いますが、その“学校”がこちらの「神戸高校」なのではないかと思います。

 

 

その他にも、本当にそこで映画の撮影が行われていたのかは確定できませんが、

おそらく「思い、思われ、ふり、ふられ」の撮影でないか…という場所がネット上に流れているので、その場所も調べてみました!

 

長田神社

住所:〒653-0812 兵庫県神戸市長田区3丁目1−1

 

シーン名:不明

こちらで映画の撮影をしている菅田将暉さんの姿が目撃されたそうです。

菅田さんはまだキャストとして発表されていないので、この情報はもしかすると他の撮影の可能性もあります。

しかし、菅田さんが他のメインキャストと一緒にいる姿なんかも目撃されているらしいので、追加キャストとして今後名前があがるのかもしれませんね。

 

 

 

啓明学園高校

住所:〒654-0131 兵庫県神戸市須磨区横尾9丁目5‐5番1

 

シーン名:ヒロインの通う高校?(予想)

神戸高校に続き、こちらもヒロインたちが通う高校として撮影された場所かもしれません。

また、こちらの高校での撮影時に、菅田将暉さんと浜辺美波さんと北村匠海さんが目撃されています。

そのほかにも、神戸では山崎賢人さんも目撃されているとのことで、追加キャストの発表が待ち遠しくなっちゃいますね!

 

エキストラ募集は?

2019 年 3 月 20 日から4 月 20 日の1ヵ月間で撮影が終了しているそうなので、エキストラの募集も既に終わってしまっていますね。

 

エキストラ募集が行われていたのかは今となってはわかりませんが、SNS上では「思い、思われ、ふり、ふられ」のエキストラに参加してきたとの声も見られました。もしかすると募集があったのかもしれませんね。

 

いずれにしても神戸で撮影が行われている場所に居合わせた方も多くいらっしゃるようなので、たまたま映り込んだ方なんかもいたのかもしれませんね。ファンにはラッキー極まりない話ですね(笑)

 

咲坂伊緒さんはこれまでも「ストロボ・エッジ」「アオハライド」といったヒット作を手掛けています。

 

この二作品はいずれも実写映画化され大ヒットしているので、今回の『思い、思われ、ふり、ふられ』も、若い世代を始め高校生の純粋な恋愛模様にキュンキュンしたい人達に受けること間違いなしです!

 

今回は実写映画『思い、思われ、ふり、ふられ』について書かせていただきました。ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

ABOUTこの記事をかいた人

tomo

30代の子持ちの会社員です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、テレビ記事、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!