【おやじキャンプ飯】ロケ地や撮影場所はどこ?キャンプ場や中華料理屋など

おやじ昨年10月からYouTubeで配信されているドラマ「おやじキャンプ飯」。人生の全てをささげてきた中華料理店「旬華秋冬」がコロナ禍の影響で潰れてしまった男・坂本明夫(近藤芳正)59歳。

店の名前が残った古いワゴンでやってきたキャンプ場で長逗留を決め込み、暮らし始めていました。日々淡々と焚火を眺め、食事を作り…これまでを振り返り、今を生きているのです。

 

そんな彼を心配する娘の千秋(長沢裕)は最年少で宇宙飛行士になり、今は空の上から父に電話で話しかけてくれていました。静かに流れる彼らの日々を描くこのドラマ、そのロケ地をご紹介します。

【おやじキャンプ飯】

久多の里オートキャンプ場(京都府京都市左京区)

明夫が車でやってきてテントを張り日々を過ごしているのは京都府京都市左京区の久多の里オートキャンプ場です。

広々としたエリアには針畑川が流れ、人々は三々五々キャンプを楽しんでいます。晴れの日もあれば、雨の日も…そんなありのままのキャンプの様子が描かれています。

 

Google Map

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒520-0461

京都府京都市左京区久多川合町151

名称

久多の里オートキャンプ場

電話

075-748-2111

HP

http://www.kutaauto.jp/

駐車場

アクセス

京都駅から車で、国道367号、県道781号を進み、約1時間13分、41.7㎞

 

Twitterでは

 

夷川餃子なかじま(京都府京都市中京区)

明夫が営んでいた中華料理屋は京都府京都市中京区の夷川餃子なかじまでした。

彼は嫁に愛想をつかされるほど仕事に没頭していましたが、コロナ禍でその大切な店を失ってしまったのです。

 

Google Map

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒604-0062 京都府京都市中京区 夷川下ル薬師町652-1

名称

夷川餃子なかじま

電話

075-223-0141

HP

https://nakajigyoza.thebase.in/

駐車場

無し

アクセス

烏丸線 丸太町駅から徒歩約7分、600m

 

Twitterでは

 

田辺造林(滋賀県大津市葛川中村町)

4話で木の伐採を行っていたのは滋賀県大津市の田辺造林でした。明夫はここでアルバイトをしているようです。

 

Google Map

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒520-0476

滋賀県大津市葛川中村町501

名称

田辺造林

電話

077-599-2410

駐車場

アクセス

京都駅から市営バスで出町柳駅前バス停へ、京都バス10系統へ乗り換え、葛川中村バス停下車、徒歩約2分、180m

 

道の駅 くつき新本陣(滋賀県高島市朽気市場)

明夫が食材などの買い物に訪れたのは滋賀県高島市の道の駅・くつき新本陣でした。

彼はここで迷子(?)になっていた中国人の二胡奏者・劉文琴さんに出会い、頼まれて演奏会場まで送ることになりました。

 

Google Map

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒520-1401

滋賀県高島市朽木市場777

名称

道の駅 くつき新本陣

電話

0740-38-2398

HP

http://kutsuki.net/

駐車場

アクセス

JR湖西線 安曇川駅から朽木学校前行バスで朽木学校前バス停下車、徒歩約1分、23m

 

Twitterでは

 

高島市立 文化交流施設やまびこ館(滋賀県高島市)

劉さんの演奏会が開かれたのは滋賀県高島市の 高島市立 文化交流施設やまびこ館でした。

困っている人を放っておけない明夫の為人が伝わってくるシーンでしたね。

 

Google Map

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒520-1401

滋賀県高島市朽木市場792

名称

高島市立やまびこ館

電話

0740-38-2324

HP

http://www.city.takashima.shiga.jp/

駐車場

アクセス

JR湖西線 安曇川駅から朽木学校前行バスで朽木学校前バス停下車、徒歩約2分、180m

 

Twitterでは

 

ロッジ京都店(京都府京都市中京区)

宇宙から戻ってきた千秋が真っ先に立ち寄ったのは京都府京都市中京区の登山用品店・ロッジ京都店でした。

彼女が「宇宙から帰ったら行きたいところがある」と言っていたのは、父・明夫の滞在しているキャンプ場…そのための買い物に訪れたのです。

 

Google Map

 

ロケ地の詳細情報

住所

〒604-0835

京都府京都市中京区 御池通高倉西入高宮町200

名称

ロッジ京都店

電話

075-222-0363

HP

http://www.e-lodge.jp/shop/

駐車場

無し

アクセス

東西線・烏丸御池駅から徒歩約3分、230m

 

Twitterでは

まとめ

・明夫がテントを張り日々を過ごしているのは京都府京都市左京区の 久多の里オートキャンプ場。

・明夫が営んでいた中華料理屋は京都府京都市中京区の夷川餃子なかじま。

・木の伐採を行っていたのは滋賀県大津市の田辺造林。

・明夫が食材などの買い物に訪れたのは滋賀県高島市の道の駅・くつき新本陣。

・劉さんの演奏会が開かれたのは滋賀県高島市の 高島市立 文化交流施設やまびこ館。

・宇宙から戻ってきた千秋が立ち寄ったのは京都府京都市中京区の登山用品店・ロッジ京都店。

 

ずっと下を向いて働き続けてきた父と、常に上を向いて好奇心を爆発させてきた娘対比

京都の山の中のキャンプ場と宇宙…そんな二人をつなぐスマホのテレビ電話が微笑ましく、そして最終話で再会した二人のやり取りは不器用であっても確かに父と娘の絆を感じさせるものでした。

 

”ホームレス”になってしまった明夫ですが、キャンプ場で繰り広げられる彼の暮らしと、そこで出会った人々とのやりとりは温かく、豊かな時間でした。

こんなキャンプ場だったら行ってみたいなぁ、と思うような風景がてんこ盛りの本作。明夫が手早く作る”おやじキャンプ飯”の数々は本当に美味しそう。

 

そしてエンドロールは焚火の炎がただ揺らめいているさまを流しています。どうぞそんな情景もそのままにたっぷりお楽しみください!