ドラマスーツのThe MACALLAN(ザ・マッカラン)とは?18と25の意味は?

Pocket

 

20年ぶりに織田裕二さんが主演として復帰した月9ドラマは、全米で大ヒットしたSUITSの日本版として放送されています。

 

やっぱり織田裕二さんは月9が似合うという印象で、年齢を重ねて一段と魅力的になったのは間違いありませんね。

 

最近のフジテレビの月9は苦境に立たされていましたが、最後の切り札とも言える織田裕二さんが奮闘して持ち直しています。

 

ここではドラマスーツに登場していたザ・マッカランとは何かや、その種類の違いについて紹介していきます。

 

スポンサーリンク

ドラマスーツ10話のThe MACALLAN(ザ・マッカラン)とは?

 

 

スーツ第10話でザ・マッカランが登場しましたが、ザ・マッカランはシングルモルトウイスキーのことですね。

 

ウイスキーは日本でも空前の大ブームで生産が追いつかず、ウイスキーの種類を制限するほど大人気です。

 

ザ・マッカランはシングルモルトウイスキーの中でも世界的に評価が高く最低18年以上は熟成させないとザ・マッカランとして認められません。

 

原作の海外版SUITSの1シーンでザ・マッカランを飲んでいるシーンがあるので、月9のスーツも同じように再現していましたね。

 

いろんなお酒がありますが個人的にはウイスキーは海外のドラマというイメージがあって、黄昏ながらウイスキーを飲んでいる姿に憧れました(笑)

 

スポンサーリンク

ドラマスーツ10話で織田裕二や國村隼もThe MACALLAN(ザ・マッカラン)を飲んでいた。

 

スーツ第10話の中で織田裕二さんと國村隼さんもザ・マッカランを飲んでいましたが、どちらともウイスキーが絵になる男で間違いありませんね(笑)

 

バーのカウンターでウイスキーを一人で飲みながら考え事したりしますが、織田裕二さんがザ・マッカランを飲んでいるシーンは格別でした。

 

織田裕二さんは敏腕弁護士の役ということも相まってか、ザ・マッカランいっそう引き立っていて私もザ・マッカランが飲みたくなるような好演だと思いましたね。

 

また検事役としてスーツに登場している國村隼さんもザ・マッカランを飲んでいましたが、織田裕二さんとは一味違った大人のいぶし銀さが際立っていました。

 

 

ザ・マッカランは少し影がある男が飲んでいるのが似合う印象があって、織田裕二さんも國村隼さんも独特の影があるなとも感じましたね。

 

スポンサーリンク

國村隼が25年、織田裕二が18年の数字の意味は?

 

参照:https://store.shopping.yahoo.co.jp/wineuki/9903000008476.html#

 

織田裕二さんと國村隼さんが飲んでいたのがザ・マッカランですが、それぞれ飲んでいた種類は違いましたね。

 

二人ともザ・マッカランを飲んでいたのは間違いありませんが、それぞれ熟成されている年数が違うザ・マッカランを飲んでいますね。

 

ザ・マッカランは18年熟成させて初めて売り出されますが、18年と25年では価格も全く異なります。

 

國村隼さんが飲んでいた25年物のザ・マッカランは1本10万円以上する高級ウイスキーで、織田裕二さんが飲んでいた18年物も2万円以上するようですね。

 

ちなみにザ・マッカランには30年物もありますが、当然ながら価格は18万円前後と超高級ウイスキーといった感じでした。

 

ザ・マッカランは190年前から製造されているウイスキーで、格式のあるウイスキーで世界的評価が高いのも納得ですね。

 

ドラマスーツの中では國村隼さんが織田裕二さんの元上司という設定なので、國村隼の方がより高級な25年物を飲んでいます(笑)

 

月9ドラマでザ・マッカランが登場したことで、今後のウイスキーブームが過熱するのは間違いなさそうですね。

 

ただザ・マッカランは金額も高めのウイスキーなので、何かの記念日に特別に飲むというスタイルがベストかもしれません。

 

ウイスキーの中でも特に高級感が漂うのがザ・マッカランですが、あの高級車のロールスロイスと例えられるほどです。

 

25年も熟成がさせて初めて商品として世に出るわけですから、それ相応の値段であっても価値からしたら安い価格かもしれませんね。

 

ザ・マッカランではなくてもウイスキーを久々に飲みながら、ドラマスーツを見るのも味があって良いと思います。