【アトムの童】ゲッチャリロボというゲームキャラとは?購入や価格は?

「ジョンドゥ」として、大学時代にゲーム制作をしていた、なゆたと隼人。しかし、友人の不幸をきっかけに、2人は違う道を進みました。

なゆたは「アトム玩具」のネッキーの大ファン!!そのため、火災が起きた時、いち早く現場を見に行きました。

 

そして、「アトム玩具」の危機を知り、燃えてしまった機械がなくてもできる、ゲーム開発に携わることにしました。

 

【アトムの童】ゲッチャリロボというゲームキャラとは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【公式】アトムの童(こ) -TBS日曜劇場-(@atom_no_ko_tbs)がシェアした投稿

なゆたはただのゲームではだめだと、試行錯誤しました。

 

【アトムの童】ゲッチャリロボが話題?

 

 

「アトム玩具」はもともとおもちゃを作るメーカーで、父は仕事を遊び半分で行い、採算度外視だったので、

妻は愛想をつかして出ていきました。それでも子供たちに夢を届けたい。という思いは消えることなく

 

様々なおもちゃを生み出し、ゲーム会社である「SAGAS」が欲しがるほどの、高度な技術を使い

様々な特許を取得して、新しいキャラクターを生み出していきました。しかし、工場が火災で燃えてしまい

 

機械がなくなったため、海は機械がなくても「作れる」ものとして、【ゲーム開発】をしようとしますが、

その技術は持ち合わせておらず、自分が好きなゲームの作者「ジョンドゥ」に会うために、ゲームのバグを探しました。

 

しかし、その人物は身近にいたのです。海の情熱に押されるように、なゆたが現れゲーム開発を行いますが、

「じーさんず」は何もできないので、せめてゲーム内で使えるキャラクターを生み出そう!と考えたのが「ゲッチャリロボ」でした。

 

ゲッチャリロボというゲームキャラとは?

ゲチャリロボは黄色のロボットですが、ゲーム内では「小さい」ロボットとして、たくさんいます。

なゆたが考えた新しいゲームは、プレイヤーがキャラクターを操作するのではなく、ゲームのステージを操作していくのです。

 

ステージを操作することで、小さなゲッチャリロボはくっつき、やがて大きなロボットとなっていくのです。

そして、最終的に敵である大きなロボットと戦えるようになる。そんなロボットに成長させていくのです。

 

ゲッチャリロボのグッズの購入や価格は? 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【公式】アトムの童(こ) -TBS日曜劇場-(@atom_no_ko_tbs)がシェアした投稿

ゲッチャリロボのグッズはあるのでしょうか!?

 

ゲッチャリロボのグッズの購入や価格は?

ドラマの公式HPを見ると、海が描いた絵をもとに生まれた、なゆたが大好きな「ネッキー」のグッズは販売されています

キーホルダーやTシャツ、ステッカーなどがありますが、ゲッチャリロボのグッズはないようです。

 

しかしグッズは放送が進むごとに、「追加販売」されているようなので、今のところドラマの中では、

作り出した「ゲッチャリロボ」のデータが紛失した。という大事件になっているので、リリースできない状態です。

 

もし、ゲームが正式リリースとなったら、ゲッチャリロボのグッズも販売される可能性が高いです。

 

 

ゲッチャリロボの販売メーカーについて

今のところ、グッズを製作しているメーカーは公式に発表していません。ドラマの設定上「アトム玩具」が製作。

しかし、ドラマに登場するグッズを制作しているメーカーが「販売していません」という前提で、ツィートしています。

価格はバッジ400円からありますので、興味のある方は公式HPから購入しましょう。このツィートでは販売する可能性を示しています。

こまめにこちらのTwitterなどもチェックすると、さまざまな「アトム玩具」グッズを手に入れることができるでしょう。

 

一時予約が開始されましたが、申込みが殺到したようです。

相当な人気が伺えますね^^;

しばらくは購入は難しいかもしれません。

とにかくフォローして、チェックし続けるしかないですね。

 

 

山崎賢人さんデザインの「コインケース」などもあるので、ファンの方には見逃せない通販となりますね。

 

アトムの童 | TBSショッピング (tbs.co.jp)

 

まとめ

・ゲッチャリロボは、ゲームを制作するために生まれたキャラクター

・ゲッチャリロボはステージ操作で巨大化する

・今のところゲッチャリロボの発売予定なし

・制作メーカーが発売の可能性を示している

 

「アトム玩具」は子供に夢を与えるおもちゃメーカーとして誕生しましたが、『火災』という思いもよらぬ事故で機械を失いました。

それでも、『夢』をあきらめないために、機械がなくてもできる「おもちゃ」として、ゲーム開発に舵を切りました。

 

早くリリースしてほしいのですが、データが消えたアクシデントはどうなるのでしょうか!?

 

関連記事

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

30代の子持ちの会社員です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 子供がいて記事を書く時間がなかったり、他のライターさんと協力して記事を書かせて頂いています。ためになる情報も書いていきたいです! ドラマ記事がメインですが、まだ小さい子供もいるので、テレビ記事、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!