ハケンの品格2のロケ地や撮影場所はどこ?エキストラの募集は?

同世代が憧れる女性・篠原涼子さんの代表作「ハケンの品格」が、2020年4月に13年振りに続編を放送することが決定しました!

 

2007年に社会現象となったドラマで、当時見ていた女性たちの多くが今歓喜しています!!

 

しかもシーズン1に登場した出演者のほとんどが、「ハケンの品格2」に登場するのだとか。

 

では、ロケ地や撮影場所はどうなるのでしょう。

 

シーズン1で登場したお馴染みのロケ地や撮影場所が、続編となる「ハケンの品格2」でもロケ地や撮影場所として登場するのかどうか調査していきます!!

「ハケンの品格2」のロケ地や撮影場所はどこ?

では、「ハケンの品格2」のロケ地や撮影場所について紹介していきます!!

 

清泉寮

〒407-0301 山梨県北杜市高根町清里3545 

 

「ハケンの品格」でお馴染みとなった清泉寮。篠原涼子さん演じる大前春子が、休暇のたびに訪れるスペインの村のロケ地となった場所です。

 

どうやら「ハケンの品格2」でもロケ地として登場するらしい!

 

実は、「ハケンの品格2」は大前春子がスペインの村から馬車で走り出すシーンからスタートするそうで、そのため清泉寮がロケ地として登場すると言うのです。

 

ちなみにこの馬車を引く馬は、13年前に馬車を引いていた馬の子供と孫なんだとか。そんな偶然(いや必然か)ありますか!?

 

「ハケンの品格」ファンであれば、聖地巡礼としてぜひ訪れたい場所ですね!

 

丸の内北口ビル

〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目6-5

 

「ハケンの品格」と言えばこちらもお馴染みである丸の内北口ビル!!どうやら「ハケンの品格2」でもロケ地となるみたいです。

 

その理由は、シーズン1で大前春子が働いていた会社・S&Fが「ハケンの品格2」でも登場するから!

 

となれば前回のロケ地となった丸の内北口ビルで撮影が行われますよね。

 

横浜の日本大通りにあるバス停

 

横浜の日本大通りにあるバス停で小泉孝太郎と大泉洋が撮影していた」という投稿がどうやらTwitterに投稿されていたらしい。(らしいというのは、検索しても見つからなかったから)

 

話しによると、撮影していたバス停が”丸の内西”に書き換えられていたと言います。

 

丸の内のバス停は、シーズン1でも何度も登場しましたよね。「ハケンの品格2」でも同じ場所で撮影が行われるようです。

 

日本テレビタワーの社員食堂

〒105-0021 東京都港区東新橋1丁目6−1

 

「ハケンの品格」の名シーンと言えば、ハケン社員の大前春子と大泉洋さん演じるハケン社員のことをよく思っていない東海林武との食堂での言い合いでしょう。

 

このロケ地となった食堂は、日本テレビの食堂なんです!(みなさんご存知かもしれませんが、「ハケンの品格」は日本テレビ系列のドラマです)

 

S&Fがドラマ内でまた登場するとのことなので、食堂もまた登場するのではないかと予想します。

 

丸の内ビルディング

〒100-6390 東京都千代田区丸の内2丁目4−1

 

ハケン会社・ハケンライフのロケ地となったのは、丸の内ビルディングです。

 

今回も大前春子はハケン社員として活躍するみたいですし、シーズン1でハケン社員だった上地雄輔さん演じる近耕作が「ハケンの品格2」ではハケンライフの正社員になっているとのこと。

 

となれば、丸の内ビルディングもロケ地として登場することになるでしょう。このように、シーズン1のロケ地や撮影場所が「ハケンの品格2」でも登場するみたいです!

ハケンの品格2のエキストラ情報は?

 

新ドラマ「ハケンの品格2」でエキストラを募集しているかどうか調査してみましたが、現時点ではエキストラは募集していないと言うことでした。

 

こちらの記事を見るとエキストラを募集したのかなと思いますが、こちらのエキストラの方はスペインの方だったそうで、おそらく一般のエキストラ募集にて撮影に参加した人ではないと思われます。

 

ロケ地でも紹介したスペインバーで行われた撮影だったのではないでしょうか。

 

「ハケンの品格」は会社を舞台に繰り広げられる物語であるため、エキストラを募集して撮影を行うといったタイプのドラマではないと予想。

 

今後もエキストラが募集される可能性は低そうです。

 

2020年4月スタート【曜日別の春ドラマ一覧】ゴールデンから深夜枠まで