【はなちゃんのみそ汁】の内容は実話でその後は?現在はどうしている?

みなさん「はなちゃんのみそ汁」を知っていますか!?幼くして母をガンで亡くし、食の大切さを娘に伝えたい

と、母親はまだ4歳のはなちゃんに【料理】を教えたのです。そして、花ちゃんが5歳の時帰らぬ人となりました。

 

その後、父の信吾さんは胸にぽっかりと穴が開いたように、虚無感に襲われましたが、

はなちゃんが自ら「みそ汁」を作るのを見て、自分のことを振り返り、父子で協力して暮らしていきます。

 

今回は、はなちゃんの【現在】について見ていきたいと思います。

【はなちゃんのみそ汁】の内容は実話でその後は?

この話しは【実話】であり、父の信吾さんにより書籍になり、映画化されました。

 

【はなちゃんのみそ汁】とは?内容は実話!

はなちゃんの両親、信吾さんは千恵さんが音大生の時に知り合い、その後交際が始まります。

そして、信吾さんは新聞記者として忙しく働く中、【婚約】ということも考え始めた矢先

 

千恵さんに「乳がん」が見つかり、左乳房を摘出しました。その後抗がん剤治療などしながらも

2人は【結婚】という選択をしました。しかし、医師からは「再発の恐れ」から、妊娠には消極的でした。

 

しかし、千恵さんの中に【】が芽生え、出産した場合【再発のリスクが高まる】と言う医師の言葉から

迷いが生じますが、千恵さんの父から「死ぬ気で産んでこい!!」と背中を押されこの世に「はなちゃん」が誕生しました

 

「誰からも愛される子になるように」と、願いを込め「はな」と名付けました。

しかし、出産後に【左肺】へのガンの転移が見つかり、再び抗がん剤治療の日々が始まりました。

 

奔放な性格の千恵さんは、食生活にはどちらかと言えばあまり、感心がないタイプでしたが、

自身の食生活を見直すことで、はなちゃんへ「食の大切さを教えたい」と言う思いから、4歳のはなちゃんと料理をするようになりました。

 

しかし、がんの転移は止まらず、はなちゃんが5歳になったある日、千恵さんはこの世を去りました

それから間もなく、はなちゃんは「わたしがやること」として、覚えたての字で、自分にできることを紙に書き

 

冷蔵庫に貼り、その中に「みそしるをつくる」とありました。その言葉通り、はなちゃんは毎朝必ず「みそ汁」を作るのです。

母から受け継いだ味をしっかりと守り、父子共に寄り添って生きていくことになりました。

 

その後は? 

母の千恵さんが亡くなった後、父の信吾さんは虚無感から、うつのような症状を発症しましたが、

はなちゃんが「みそ汁」を作る姿を見て、再び立ち上がることができました。

 

そして、仕事で忙しく帰りが遅くなる時は、近所の飲食店が「保育所」代わりにはなちゃんを預かってくれるなど

周りの人々に支えられながら、はなちゃんは成長してきますが、毎日変わらず「みそ汁」だけは作り続けていました

 

しかし、他の料理は面倒なのか、父に任せ朝5時半に2人は起き、はなちゃんはみそ汁、信吾さんは料理と洗濯などをし

みそ汁づくりはずっとはなちゃんの担当です。そして、音楽が好きだった千恵さんの「法要」として、

 

毎年、小さなコンサートを開催しています。昨年には8月10に「いのちのうた」は開催されましたが

【コロナ禍】で開催が危ぶまれたのですが、「無観客での配信」という形でかなえることができ

 

15歳になったはなちゃんもステージに立ちました。昔は「管理栄養士」が夢と語っていたはなちゃんですが、

高校生になり「ダンス」に興味を持つようになり、信吾さんははなちゃんの成長を楽しみにしているそうです。

【はなちゃんのみそ汁】現在はどうしている?

こちらは父「慎吾さんのTwitter」となります。無事に【大学へ入学】したようですね。

【はなちゃんのみそ汁】現在はどうしている?

はなちゃんは今も必ず「みそ汁」だけは作りますが、高校生となったころから習い事や、趣味などに忙しく

なかなか「親子」の時間が持てない日々が続きましたが、信吾さんから歩み寄り「愚痴を聞いてもらう」

 

など、普通の親子としての会話の時間を大切にしているそうです。

そして、Twitterにあるように、はなちゃんは大学生に!!13年経って千恵さんの【法要】では

 

はなちゃんもステージに上がり歌うなど、積極的な女性に育ったようです。

大学の専攻などは明らかにされていませんが、もう少し「父との時間」を一緒に過ごせるようですね。

 

【はなちゃんのみそ汁】に関してツイッターの反応は?

はっきり言って「否定的な意見」も多くありました。しかし、それはあえて載せません。

「5歳児に料理とかは虐待」なんて言葉もありました。本当にそうでしょうか!?

 

千恵さんが一生はなちゃんに【残せるもの】を考えた時、自分のみそ汁の「作り方」を教えること。

ただ、それだけは伝えたかった。という強い母の気持ちがあると思います。

 

映画

2016年公開映画

 

書籍

2012年3月13日

 

 

Video

2014年24時間テレビ

 

 

まとめ

・「はなちゃんのみそ汁」はガンを患い、母が思いを込めて娘にレシピを教えた実話。

・5歳で父子家庭となりましたが、はなちゃんは毎日みそ汁を作り、近所の温かい支援の中育つ。

・はなちゃんは今年めでたく、自宅から通える範囲の大学に合格。

・Twitterでの反応は否定的な物もあるが、おおむね感動する人が多い。

 

「はなちゃんのみそ汁」の話しは、私はずいぶん前にテレビで見た記憶があります。まだ小さいはなちゃん

母親不在の寂しさなど感じさせない笑顔が印象的でした。母が娘の将来を思い残せるものを考えた時、

 

私なら何を残すのか・・・。私も「料理」です。障害のある子供が将来自立できるよう

やはり、「料理」は生きる上で欠かせない行為で、自身の体を守る術にもなります。

 

レトルトやインスタントも進化していますが、やはり、自らの手で作った食事を口にすることは、

自分自身を【大切にする】という考えにも通じていくと思います。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

30代の子持ちの会社員です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 子供がいて記事を書く時間がなかったり、他のライターさんと協力して記事を書かせて頂いています。ためになる情報も書いていきたいです! ドラマ記事がメインですが、まだ小さい子供もいるので、テレビ記事、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!