【訃報】志村けん70歳でコロナウイルス肺炎にて亡くなる。Twitterも悲しみの声が

2020年3月29日午後11時、日本のエンターティナー「志村けん」さんが

 

【コロナウイルス肺炎】にてお亡くなりになりました。ご冥福をお祈りします。

 

所属のイザワオフィスが感染を発表してから、わずか6日後の事でした。

 

2月20日に70歳を迎え、芸能生活も50周年という節目の年に、回復を強く願っていた方々も多かったと思います。

志村けんさんプロフィール

名前 志村けん

本名 志村康徳(やすのり)

生年月日 1950年2月20日

没年月日 2020年3月29日(70歳)

出身地 東京都(東村山市)

血液型 A型

身長 166㎝

兄弟 上に兄2人

ペット 愛犬家

趣味 飲酒

出身校 東京都立久留米高等学校

所属 ザ・ドリフターズ

事務所 イザワオフィス

 

高校卒業間近の1968年2月に、当時ビートルズの前座を務めるなど人気があった音楽バンド「ザ・ドリフターズ」のリーダーいかりや長介の自宅に押し掛ける

 

そして、【弟子入り】を志願した。多くの人気バンドがある中で、ザ・ドリフターズを選んだのは

 

音楽としても、お笑いとしても尊敬できるバンドであったため。その後加藤茶の付き人になるが、1度脱走をしてバイト生活をしているが

 

再び「付き人」に戻り、その後メンバーの「荒井注」が脱退するに伴い、正式メンバーとなる。

 

芸名「志村けん」のけんは、とても厳しく厳格な父親の憲司さんの「憲」から取られた

 

お笑いを目指したのは、厳格な父親ゆえ、兄弟3人でも重苦しい空気の家庭の中で、漫才や落語を見ているときだけは和やかで、父も笑うことがあった。

 

志村けんコロナウイルスに感染

 

志村けんさんが「コロナウイルス肺炎」に感染していると発表されたのが、2020年3月23日の事務所からのコメントだった。

 

家族も事務所関係者も【面会】できない状態だったが、一時期意識を取り戻すなど快方に向かうかと思われたが29日に息を引き取った。

 

志村けんさんと言えば「ヘビースモーカー」「アルコール好き」として知られるが、2016年に【肺炎】を経験したことにより

 

たばこはすでにやめ、飲酒の量もすでに減っていたが、今までの肺の酷使などで「コロナ」に打ち勝てなかったとみられる。

 

23日に事務所の発表があったが、その前に2020年3月16日、仕事の為に「楽屋入り」するも

 

【体調不良】を訴え、30分の滞在で帰宅し、その後倦怠感などを訴え、発熱や呼吸困難などから20日に「肺炎」と主治医に診断され

 

国立国際医療研究センターに転院し「人工心肺装置」を取り付け、治療に専念していた。

 

Twitterの声

 

日本を代表するエンターティナーを失った、Twitterの声を見ていきます。

 

亡くなったことが信じられない人

志村けんさんの偉業をたたえる人

ショックで立ち直れない人

・・・様々なツイートが見られました。

 

じゃんけんで今では当たり前の「さいしょはグー」をやりだしたのは志村けんさん。

 

ひげダンスを考え出したのも、たまたまLPレコードを中古で購入し曲から思いついたのも志村けん。

 

「スイカの早食い」をお笑いにしたのも志村けん。

 

本当に偉大なエンターティナーを失ったとしかいえません・・・。天国でいかりや長介さんとコントしてくださいね。