【ケンガンアシュラ】王馬の前借りとは?技の仕組みや強さとデメリットは?

【ケンガンアシュラ】はサンドロビッチ・ヤバ子さん原作、だろめおんさん原画で「裏サンデー」2012年から約6年にわたり連載されたコミックです。

コミック本としては27巻、話しとしては236のエピソードがあります。

 

その後続編が発表されたり、アニメ化されるなど話題となった作品です。

今回は「王馬の前借り」について取り上げます。

【ケンガンアシュラ】王馬の前借りとは?強さは?

元々は企業と、商人が巨額の利益を賭け、それぞれが雇った闘技者による戦いでその利益を勝ち取る。江戸中期から始まり現代に続く。

 

【ケンガンアシュラ】王馬の前借りとは?

闘技者の中でも、無類の強さを誇る「王馬」山下商事の闘技者であるが、元は乃木グループにいた。

自分より強いものが許せず、自分が最恐だと信じているが、出生については不明。生まれて間もなく捨て子となり、12歳の時二虎に拾われた

 

その時に出会った場所から「十鬼蛇王馬」と名付けられ、二虎から武術を学び4年で術の奥義をふくめ、全てをマスターした。

しかし、彼は自らの技を「前借り」と呼ぶ。二虎から【借りている】感覚で使っているからかと思われていたが、

 

技を使うことで、「記憶喪失」に陥ることがあり、その事が原因となり、記憶を取り戻すまでは「前借り」と呼んで技を使用していた。

 

前借りの強さについて

「前借り」は【攻撃が途切れない】ことが最大の武器となる。そのため、相手にとっては手出しができない、厄介な技となる。

しかも自らよりも大きな相手に対して、非常に有効な技で、短時間で勝負するにはメリットが大きい。

 

その強さの源は【心臓】にあり、通常の5倍ほどの負荷がかかることで、血液の循環を早め、その熱量を攻撃力に変換することができる。

呉一族が得意とする「外し」と決定的にちがうのは、呉は「潜在能力を開放」することで、自身へのダメージが少なく攻撃を行えるが

 

「前借り」は自身の身体能力を最大限に引き出すため、使えば使うほどに自身の体へのダメージが大きくなる。

 

 

前借りの技の仕組みやデメリットは?

 

 

王馬が使用する「前借り」は、身体能力を最大限に引き出すこともできるが、その見返りもある。

前借りの技の仕組み

「前借り」の仕組みは、通常の心臓の大きさを5倍くらいにすることで、血流を加速させ、そこで発生する【熱】を運動能力に変換し、

技のスピードを急上昇させる。そしてそのスピードに比例する形で、打撃の威力が増すため、使える技の数が圧倒的に増えるため

 

「攻撃が途切れない」のが一番の強み。攻撃が途切れないことで、相手の反撃を受けることがない。

そして、「前借り」を使う時は、心臓がエンジンのように轟、体の表面の血管の膨張により、体の色が赤みを増す。

 

そして、目の色が白目の部分が黒に変るのも特徴のひとつ。

命の危険?デメリットは?

「前借り」は心臓に負荷をかけ、血流を攻撃能力の熱量に変換するため、特に血管にダメージが起きる。

長期戦となると、血管が破れる可能性もあり、技も使えなくなることになる。一時的に互角に戦える相手でも、長期となると不利になる。

 

そして、心臓に負荷がかかっているため、長期戦となると体中の血管が破損し、脳内の血管にも影響が出る。

そのため、最悪「記憶喪失」「記憶の混濁」などが起きることがある。

 

最大の欠点はそうなると相手に好戦的となり、性格まで変化していく。そしてそのまま戦い続けると「失血死」の危険を伴うことになる。

まとめ

・「前借り」とは、王馬が一時記憶をなくしていたため、二虎から「借りている」と感じていた。

・「前借り」は全身の血流の流れるエネルギーを攻撃のエネルギーとする

・心拍数をあげ血流をあげることで、エネルギーも増すが、繰り出す技も途切れることがない

・意識的に血流をあげているので、長期戦となると血管破裂や、記憶喪失などの障害を負うことがある。

 

雇われた闘技者同士の闘いの中で、いかに自分が生き残って、勝敗を勝ち取っていくのか!?

王馬は生まれながらに闘技者としての、能力があったのかもしれません。4年で技をすべて習得し、

 

その後も、「前借り」の元となった奥義も習得しています。しかし、その反面、戦いで戦闘不能になるようなダメージも受けていますが

呉一族に助けられたことにより、驚異的な回復を遂げると共に、呉一族の技も習得しています。呉一族は「潜在能力の解放」なので、

 

「前借り」のように【意識的】に戦闘能力をあげる必要がなく、体へのダメージも少ないため、全ての技をかけあわせると、王馬は最強の闘技者となるのではないでしょうか。」

 

ABOUTこの記事をかいた人

30代の子持ちの会社員です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 子供がいて記事を書く時間がなかったり、他のライターさんと協力して記事を書かせて頂いています。ためになる情報も書いていきたいです! ドラマ記事がメインですが、まだ小さい子供もいるので、テレビ記事、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!