映画【見えない目撃者】犯人役のあの人の演技がすごい?ツイッター感想は?

2019年に話題の映画が公開されました!!

 

2011年に韓国で公開され、2015年にリメイクされた「ブラインド」ミステリー映画ですが

 

2019年日本版では「見えない目撃者」として、韓国版、中国版とも少し違う特徴を持ってリメイク公開となりました。

 

映画【見えない目撃者】韓国のブラインドのリメイク!内容や原作との違いは?

 

 

映画【見えない目撃者】とは?

 

 

 

「見えない目撃者」は韓国で公開された「ブラインド」が原作となっています。

 

警察学校で、成績優秀・将来有望志されていたが「なつめ」は事故で視力を失います。そして最愛の弟もその事故で亡くしてしまいます。

 

しかし、警察学校で学んだ深い洞察力と、目が見えないことで研ぎ澄まされた五感「女子高生誘拐」を警察に訴えますが、目の見えるもう一人の目撃者の青年と

 

証言に矛盾があることで信じてもらえず、やがて事件は「連続女子高生殺害事件」へと発展していきます。

 

日下部翔の役柄は?

 

日下部翔を演じるのは、まだまだ記憶に新しい「神谷刑事」と言えばわかるでしょうか!?

 

日本テレビでビスを打ち込み殺された刑事を演じた「浅香航大」さんが長者町警察署生活安全課・少年係に所属している刑事を演じています。

 

最初は目の見えないなつめを信じない周囲の人間たちでしたが、なつめの五感により食べたもの、身長、年齢など、すべて言い当てるするどさなどから

 

徐々になつめの証言を信用するようになります。そして、当日被害者の女性は車のトランクにいたため、スケボーをしていた春馬には見えなかったのです。

 

そのころ、なつめは深い洞察力で、事件を推理しある結論にたどり着きます。

 

「被害者は後ふたりいる」

 

儀式的殺人だと、長者町警察署生活安全課・少年係に所属する木村に告げます。彼には思い当たる事件があったのです。

 

しかし、先日の接触事故の記録も、この町から家出して、捜索願が出されている少女の記録も、長者町警察署に一切残っていないのです。そして、犯人の手がかりとなる紙幣も消えてしまいます。

 

そのようなことが可能な人物こそが日下部ただ一人でした!!

 

 

犯人役のあの人の演技がすごい?ネタバレ注意

 

この記事はネタバレしていますので、読みたくない方は飛ばしてくださいm(_ _)m

 

15年前、この儀式的殺人事件に似た事件が起きていたのです。

 

そして、その目撃者こそが、今刑事として目の前にいる日下部翔でした。

 

木村は日下部が犯人だとにらみ、追いますが気づいた日下部に、一足先に越され返り討ちにあい倒れてしまいました。

 

その時、木村の元になつめから着信が・・・。

 

「木村さんからの依頼で迎えにきました」

 

現れたのは日下部でした。車に乗せられたなつめはあの事故の時にかいた「アルコール」と同じ匂いを感じますが

 

日下部は「メガネが曇らないように曇り止めをしているからです」と、答えますが、まさにその瞬間液体の入った注射器をなつめに振り下ろす瞬間でした。

 

危機を察知したなつめは、盲導犬と共に間一髪逃げだすことに成功します。なつめは春馬に電話をかけテレビ電話で逃走の手助けをしてほしいと頼みますが

 

すでに、日下部は先回りし、なつめを待ち構えていました。危機を感じるなつめですが、訓練を受けた盲導犬ハルが、日下部にかみつきなつめは何とか逃れます

 

そして、直感から、姿を消した日下部が「15年前の事件現場に戻っている」と確信しました。

 

やはり日下部は15年前の現場に戻っており、そこには木村の遺体も・・・。

 

新たな少女も監禁されていましたが、儀式として「目」を狙われている少女がみつかりません

 

その時、容赦なく日下部のナイフが一同を襲いますが、春馬の機転で逃げることができました。

 

そして、最初になつめがトランクで聞いた名前、「レイサ」を一人で探しますが、バスルームにいたレイサはパニックになり大声を発しました。

 

そのため、なつめとレイサの居場所が日下部にばれてしまうのでしたが、吉野の拳銃を手にしていたなつめは考えます。

 

弟の肩身のテディベアのキーホルダーをそっと廊下へ置きます。そして、日下部が来るのを待ちますが、日下部も足音を消して近づきます。

 

しかし、寸前の場所で日下部がキーホルダーを踏み、その音に瞬時に反応したなつみは発泡しました。

 

皮肉なことに、その銃弾は日下部の「目」を貫通していました。

 

 

見えない目撃者のツイッター感想は?

 

ネタバレを読むだけで衝撃的すぎて、目を伏せたくなるないようですが、実際の感想はどうでしょう!?

 

かなりの「高評価!!」

 

最後まで息をつかせないような展開!!と、感想を述べている人が多いのが印象的です。

 

それだけ、犯人がだれなのかわからない。

 

わかった後の展開があまりにもサイコパス的な殺人鬼の姿を見せているのでしょう。

 

ABOUTこの記事をかいた人

tomo

30代の子持ちの会社員です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 子供がいて記事を書く時間がなかったり、他のライターさんと協力して記事を書かせて頂いています。ためになる情報も書いていきたいです! ドラマ記事がメインですが、まだ小さい子供もいるので、テレビ記事、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!