中学聖日記でピアノの挿入曲が切ない?サントラBGMの曲名やアーティストは?

Pocket

いろいろな意味で話題になっている有村架純さん主演のドラマ中学聖日記は、先生と生徒のとの禁断の恋を赤裸々に描いていますね。

 

有村架純さん演じる中学校教師が教え子に恋をしてしまう展開に、賛否両論あるといった感じです。

 

中学聖日記のような切ないストーリーのドラマには特に、挿入曲の雰囲気も重要な要素になると思います。

 

そこで中学聖日記の挿入曲についてや、サントラBGMの曲名やアーティストなどを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

中学聖日記でピアノの挿入曲が切ない?

 

中学聖日記の中で流れているピアノの挿入曲が、切ない恋心を連想させるメロディーで話題になっています。

 

静かで心地良いピアノのメロディーでありながらも、曲調の中に力強さも感じることができる曲ですね。

 

中には中学聖日記を見ているのはピアノの挿入曲を聴きたいから見てる人さえいて、一度聴いたら忘れられない曲だとも思います。

 

切ない感じの曲なのは間違いないとも思いますが、ただ切ないだけではなく癒やされるメロディーともい言えますね。

 

私はこの挿入曲を聴いていると海辺の砂浜にいながら、月夜を眺めている情景が頭に浮かんできます(笑)

 

この挿入曲を聴いていると心が浄化されていくという感想も多く、中学聖日記での禁断の恋にもピッタリだという声が多数でしたね。

 

もちろん歌の挿入曲も心に響くと思いますが、ピアノ曲だからこその魅力も間違いなくあると思います。

 

 

 

ただ切ないピアノ曲だったら暗くなるところですが、中学聖日記の挿入曲のピアノには切なさと儚さと力強さがある感じですね。

 

Twitter上では中学聖日記のピアノの音は踴り出す感じという感想がありましたが、私もピアノのメロディーが生き生きとしている印象を持ちました。

 

スポンサーリンク

 

サントラBGMの曲名やアーティストは?

 

好きなドラマを見ていると主題歌はもちろんですが、サントラBGMにもハマってしまいますよね?

 

ドラマの重要な局面でさりげなく流れてくるサントラBGMは、鮮明に頭の中に残って印象深くなることも多々あると思います。

 

中学聖日記でも様々な場面でサントラBGMが流れてきますが、曲名やアーティストは誰なのか気になって検索している方も多いはずです(笑)

 

ドラマの良し悪しはサントラBGMで決まると言っても過言ではないほどで、時には主題歌よりも大切な役割を担うこともあります。

 

さて本題であるサントラBGMのアーティストは誰なのかですが、中学聖日記のサントラBGMは小瀬村晶さんと信澤宣明さんが担当しています。

 

小瀬村晶さんはミュージシャンやピアニストなど幅広く活動していて、映画などの劇中音楽を担当することも多い方ですね。

 

出典:https://twitter.com/akira_kosemura

 

数多くの劇中音楽を担当されていることもあり、それぞれドラマの雰囲気にあったBGMを見事に作っていると思います。

 

スポンサーリンク

 

信澤宣明さんは作曲活動をメインにしていますが、オーケストラアレンジを用いた楽曲制作や、数多くの劇中音楽の制作にも携わっている方ですね。

 

出典:http://miraclebus.com/composer/nobuakinobusawa

 

心地良いサントラBGMばかりですのでオススメですし、眠る時に聽きながらウットリするにも最適なサントラBGMだと思います。

 

実際に中学聖日記のサントラBGMを寝る時に聴いている方も多く、一日の疲れを癒やしてくれるという声も多かったですね。

 

中学聖日記のオリジナル・サウンドトラックCDが12月5日に発売予定で、全28曲の予定でメインテーマ曲の「春夜、雨を喜ぶ」も収録されています。

 

TBS系 火曜ドラマ 中学聖日記 オリジナル・サウンドトラック [ (オリジナル・サウンドトラック) ]

 

サントラBGMの全28曲を全て聴いていくと、小瀬村晶さんと信澤宣明さんの世界観を堪能できること間違いなしですね。

 

天気の良い日にコーヒーでも飲みながら聴いたり、一日の終わりに静かに聴いたりと楽しみ方もいろいろあると思います。

 

中学聖日記を見ていてサントラBGMに惹かれた方はもちろんのこと、ドラマを見たことがない人にもオススメしたいサントラBGMですね。

 

日常の疲れを癒やしてくれる心地良いメロディーばかりなので、是非とも聴いて見てほしいサントラBGMです。