亜人の原作者だった三浦追儺はなぜ辞めた?降りた理由を考察してみた


みなさんこんにちは。

 

最近では、雨が降り続いていて、なんだか世の中がおかしなことになっています。天変地異か!

 

っということで、今回は今話題になっていて、佐藤健さんや綾野剛さんが主演していて、映画化もされている『亜人』ですが、もともと原作者の三浦追儺さんという方が原作されていたということなので、このことについて調べて考察してみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

亜人とは

 

『亜人』あじんは、桜井画門による日本の漫画で、『good!アフタヌーン』にて連載されていた。第一巻の時は作画は桜井画門で、原作は三浦追儺となっていた。

 

あらすじ一部

 

17年前にアフリカでえ死ぬことのない新生物として「亜人」が確かめられた。死なないことを除けば人間と変わらない。亜人には賞金が掛けられていて、亜人だと分かると賞金目当てに狙う人たちがいた。

 

主人公の少年の永井圭が交通事故に遭い、すぐに生き返る。亜人だった。政府に追われることになり、幼馴染の海斗と共に逃げていく。

 

 

原作者がいなくなってる!?

 

当初は作画は桜井画門・原作:三浦追儺だったが、2巻からは桜井の単独の名義になった。桜井は2巻(0~5話)以降はブログにてすべて自らが作っていると明かしている。原作者が降りた理由はわからない。

 

ネットで検索してもハッキリとした答えは出てきませんでした。

 

ヤフー知恵袋でも、似たような質問がいくつか出ていました。

 

回答を見てみると、

第2巻からは、作者の桜井画門氏みずから設定やストーリーを考えているからです。
原作者が降りた理由は明かされていません。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11138662751 より引用

 

全然ネタにもなってないのでわかりませんが、桜井画門さんはブログで決して仲違いとかではないと言ってました。
一巻が面白くて買ったんですが

 

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12140340207?__ysp=5LiJ5rWm6L%2B95YS6 より引用

 

なるほどです。仲違いではないが、理由は不明ということなんですね。

 

う~ん、理由が不明で仲違いが理由じゃないっていったいどんな理由が考えられるんでしょうか。

 

 

似たような事例で理由を考察してみた

 

原作者と原画のペアが解散するということで検索してもあまり情報が出てこないんですね。

 

でも、ファンにとっては悲しいことなのですが、打ち切りとかお蔵入りという漫画はありますよね。

 

まったく同じ事例ではないのですが、そういった漫画を元に調べてみたいと思います。

 

まことしやかに聞こえてくるその内幕……。

「原作者とマンガ家が、作品の方向性について揉めたみたい」

「編集者が原稿を紛失して、マンガ家が激怒したそうだ」

「あのマンガ家、捕まったらしいよ……」

https://ameblo.jp/anaa0630/entry-11452825818.html より引用

 

他にも、原作者が原作を書けなくなったりとか・・・

 

なるほどです。方向性の違いによって揉めたというのは有力かもしれませんね。

 

他にも人間関係的なことで、一緒にはやっていけないなど。(仲違いではないということですが・・・)

 

皇国の守護者』とう作品で、佐藤大輔氏の小説を、伊藤悠氏がマンガ化。05年および06年の文化庁メディア芸術祭で、マンガ部門審査委員会推奨作品になり、単行本は5巻まで発売された。

 

しかし、「同作は順調に売れ行きを伸ばしていたが、4巻が出た後くらいに、それまではマンガ版のネームをチェックしていなかった原作者の佐藤氏が急に『原作に合わせて描け』 とゴネだし、最終的に修正不可能になったため、打ち切りになったという話です」(マンガ編集者C氏)

https://ameblo.jp/anaa0630/entry-11452825818.html 引用

 

こういった事例を出すと、いくらでもあるようですね。

 

正確ではないかもしれませんが、個人的には漫才師が解散するようなものなのかな?って感じました。

 

 

ボケとツッコミ、それぞれ役割も違うし、ネタを作るものコンビによるし、舵取りだって違う、でも長年うまくやっていてやっと花開くところもあれば、解散して、他の人とコンビを作ったりすることもある。

 

また戻ったりとか・・・ポイズンガールバンドとかみたいに。

 

スポンサーリンク

 

 

 

三浦追儺さんは今何を?

 

 

天空侵犯という漫画の原作を手掛けているようですね。これだけヒットしている『亜人』を作り出した人なのですから、面白いのではないでしょうか。

 

やっぱり、ヒットするかとか、売れるかというのも非常に重要ですが、人間関係は続くということに対しては非常に重要ですね!!

 

ぼくもそれは身に染みて分かります。何度仕事をやめようと思ったことか(;^_^A

 

まとめ

 

今回は、亜人の原作者である三浦追儺が原作からいなくなった理由について、調べて考えてみました。結局のところ本当のところは、公表してないので、誰にも分らないのですが、合わなかったのは確かということですね。

 

そういったマイナスイメージをあえて公表する必要もないですし。

 

桜井さんも三浦さんもそれぞれ漫画の道で、それぞれ活躍されているので、元気で円満離婚みたいなものかもしれませんね(^^

 

またいつか、二人が戻るってことも、なきにしもあらず?なのではないでしょうか!!

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

表現方法が稚拙かもしれませんがお許しください。

 

 

 

参考サイト

板垣恵介原作は揉め事ばかり! あの“打ち切りマンガ”の真相を追え!|未来人のひとりごと。

https://ameblo.jp/anaa0630/entry-11452825818.html

 

亜人 (漫画) – Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%9C%E4%BA%BA_(%E6%BC%AB%E7%94%BB)

 

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

tomo

子持ちのサラリーマン30代の男性です。気楽に生きてます! ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供のことも書いていけたらと思っています!(^^)! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!