Netflix映画【サバイバルファミリー】から学んだことは?災害時の備えなど

あなたは、Netflix映画【サバイバルファミリー】をご覧になりましたか?

Netflix映画【サバイバルファミリー】では、現代で起こりにくい「電気が突然使えなくなる」というテーマを題材にした話です。

 

電気だけでなく、全てのライフラインも止まってしまいますあなたはもし、電気が使えなくなったらどうしますか?

Netflix映画【サバイバルファミリー】では、災害時の備えや知っておくべきことを学べます。

 

この映画を観てこれから災害時に備えて準備しておきましょう。

 

 

Netflix映画【サバイバルファミリー】から学んだことは?

Netflix映画【サバイバルファミリー】から学べることはたくさんあります。その中でも特に電気が使えないことは不便です。

Netflix映画【サバイバルファミリー】で学べることを詳しく説明します。

 

【サバイバルファミリー】で電気が使えない不自由さが浮き彫りに

この時代に電気が使えないなんて想像できないですよね。あなたが今見ているスマートフォンも電気がないと充電ができず使えなくなります

人の生活は、たくさんの電気を活用して成り立っているのです。ですから、電気は私たちの生活には欠かせません。

 

電気が使えない不自由さがNetflix映画【サバイバルファミリー】では浮き彫りになっています。

水道局のタンクの水を出すにも電気が必要であり、電気がないと綺麗な水を飲むことはできません。

 

私たちは電気が使える状況に慣れてしまっています。ですから、改めて電気でしか動かないものは何かを見直すことが大切です。

 

【サバイバルファミリー】から学んだことは?

Netflix映画【サバイバルファミリー】で学んだことはたくさんありますがいくつか紹介します。

 

まず、ライフラインという言葉の本当の意味です。ライフラインというのは、人が生きるために必要な生命線

一概に「便利」という言葉で表すのではなく、電気やガスが止まった時に生きていけないリスクが高まります。

 

次に「きっと空に星はある」です。どこにいてもどんな状況でも空を見れば必ず星があります。

電気もガスも全て止まってしまっても、生きているだけで良いことはあるということではないでしょうか。

 

 

【サバイバルファミリー】で実際に使えるノウハウは?災害時の備えや知っておいたほうが良いことは?

Netflix映画【サバイバルファミリー】で実際に使えるノウハウは、道具の使い方です。映画の中で、サバイバルに使用する道具がいくつか出てきます。

道具の使い方がわかっているだけでも他の人より生きる力はあるでしょう。また、災害時に備えるべきものは保存食と水です。

 

なんと言っても人は水を飲まないと生きていけませんバッテリー精製水という水があるのですが、本来車のバッテリーを冷やすのに使われます。

ただ、飲めるのです。意外なところに食べれる物や飲める物はたくさんあります。

 

いつライフラインが復活するかはわからないのが事実なので、どれくらい準備すれば良いかは想像できないですよね。

最低でも家族が1ヶ月困らないくらいは、準備しておくと良いでしょう。さらにたくさんのスキルを身につけておいてください。

 

いざとなると魚を釣って捌いて食べなければいけません。生きる上で大切なスキルはたくさん身につけておいて損はないです。

 

 

 

まとめ

・電気があることは常に当たり前ではない

・きっと空には星がある

・保存食は常に備えておくべき

 

今の生活が当たり前で無いことに気付き、普段から準備しておかなければいけませんね。

ましてや南海トラフ地震や富士山噴火の可能性など、大災害はいつどこで起きても不思議ではありません

 

災害が起きた時に慌てないよう、普段から準備をしておきましょう。