ドキンちゃん声優の後任はロールパンナの富永みーなでいつから放送?


スポンサーリンク

 

 

みなさんこんにちは!

 

アンパンマンのドキンちゃんやドラゴンボールのブルマ役の声優を務めていた鶴ひろみさんが大動脈解離で急死されました。

 

ネット上でも、お子さんやお母さん、ドラゴンボール世代の僕らも悲しみにくれました。

 

後任は、誰になるかと話題になっていましたが、ロールパンナ役の富永みーなさんに決まりました。

 

今回は富永みーなさんについて、そして放送される日時など調べていきたいと思います。

 

 

鶴ひろみさんが逝去される

 

「それいけ!アンパンマン」のドキンちゃんの声などで知られる声優の鶴ひろみさんが16日夜、首都高速上の車内で意識不明の状態で見つかり、死亡していたことがわかった。

 

警視庁が死因などを調べている。

捜査関係者によると、16日午後7時半頃、東京・中央区の首都高速都心環状線でハザードをつけたまま停車している車が見つかった。

運転席に声優の鶴ひろみさんがシートベルトをつけたまま意識不明の状態で座っており、病院に搬送されたが、死亡が確認された。

 

事故の形跡はなく、警視庁は病死の可能性があるとみて調べている。

鶴さんは「それいけ!アンパンマン」のドキンちゃんや「ドラゴンボールシリーズ」のブルマなどの声優として知られている。

 

Yahoo ニュースより引用

 

大動脈解離という病気で亡くなったということでした。

 

ネット上では悲しみの声であふれました。

 

 

 

 

みなさん、絵が上手ですね。。。っというか、切なくなってきますね。

 

バイキンマンやベジータの絵がまた泣けますね。

 

そして、後任にはロールパンナ役の富永みーなさんに決まりました!

 

 

富永みーなさんプロフィール

 

出典:http://sutaemon.net/772/ http://www.haikyo.co.jp/profile/profile.php?ActorID=12714

 

 

本名:増本 美子(ますもと よしこ)
   旧姓:富永

 

出身地:広島県広島市

 

生年月日:1966年4月3日

 

年齢:51歳

 

血液型:O型

 

身長:162cm

 

職業:女優、声優、タレント、ナレーター、歌手

 

事務所:東京俳優生活協同組合

 

配偶者:増本庄一郎(俳優)

 

5歳で、母親に連れられて映画のオーディションで受かり、子役としてデビューする。

 

これをきっかけに児童劇団に入団する。

 

ドラマやテレビCMとして活躍して、海外ドラマ「大草原の小さな家」で声優デビューする。

 

その後、「世界名作劇場」の「あらいぐまラスカル」のアリス役などから声優の道がひらけてくる。

 

 

富永みーなさんの放送はいつから?

 

年明けの2018年から変わるということです。

 

平成30年1月26日の放送から正式な後任として富永みーなさんがドキンちゃん役を務めるということです。

 

どんな感じになるのでしょうか!

 

ロールパンナちゃんの声がそのままドキンちゃんだったら、変な感じですものね・・・

 

試行錯誤して、どんな声にしていくのか決めていくのでしょうか!

 

っというわけで、今回も最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

 

 

参考サイト

 

ドキンちゃんの声優(鶴ひろみ)変わった?交代で後任は誰?いつから?  日々の出来事に一隅を照らす

 

 

スポンサーリンク

 

 

2 件のコメント

  • 鶴ひろみさんは自分の生前から亡くなっている富山敬さん(※)や納谷六朗さん(※)等多数の方々と天国で再会できたでしょうか。
    『おかあさんといっしょ』での経歴もあった声優さんの中では、高橋和枝さんは速水けんたろうさんと茂森あゆみさんと佐藤弘道さんと松野ちかさん時代に、小林修さん(※)と滝口順平さんは横山だいすけさんと三谷たくみさん時代最後に、中村秀利さん(※)は上原りささん時代から『パント!』のおねえさんに就任した時点でのやなせたかしさん(※)は既に亡くなっており、肝付兼太さん(※)は小野あつこさん時代から横山だいすけさん時代最後に亡くなっている事も、記憶しておきましょうね。

    ※:富山敬さん…『タイガーマスク』で伊達直人、少年時代の若月先生、チャキル・ランパファ、虎の穴の少年練習生1、劇場アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』シリーズでねずみ男、『それいけ!アンパンマン』で初代SLマン〈初代〉等の声を演じた方でしたが、1995年9月25日午前9時7分に死去してしまいました。まだ56歳でした。

    ※:納谷六朗さん…『それいけ!アンパンマン』でザーマス・ボンドとアルミ伯爵〈初代〉、『クレヨンしんちゃん』で園長先生〈高倉文太〉〈初代〉、郷博士、ナレーション〈初代〉、『ファイアーエムブレムif』でギュンターと透魔竜ハイドラ等の声を演じましたが、2014年11月17日午前10時28分に肺炎のため東京都大田区の病院で死去してしまいました。ちょうど82歳でした。しかし、2015年に公開された映画『クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃』と、2017年にリリースされた任天堂のスマホゲーム『ファイアーエムブレム ヒーローズ』ではライブラリ出演させてくれたそうです。

    ※:小林修さん…『それいけ!アンパンマン』放送開始までに放送されていた鶴ひろみさんが鹿島みゆきの声を演じたあだち充さんの『みゆき』を原作としたアニメで父親、1981年度から1999年度までの『おかあさんといっしょ』で人形劇『にこにこぷん』と『ドレミファ・どーなっつ!』(その原作と脚本を手がけた井出隆夫(山川啓介)さんは既に2017年7月24日に(花田ゆういちろうさん時代から)まだ72歳の若さで亡くなっています。)でかもめの郵便屋さんとカメダス、その後に『それいけ!アンパンマン』でチェロヒキーさん等の声を演じた方でしたが、2011年6月28日に膵臓癌のため東京都文京区の病院で死去してしまいました。まだ76歳でした。

    ※:中村秀利さん…『それいけ!アンパンマン』のレギュラー放送ではイルカのいじめっ子Aを始め、1990年に公開された映画『ばいきんまんの逆襲』の同時上映作品『おむすびまん』ではぶた地蔵等の声を演じた方でしたが、2014年12月24日にクモ膜下出血により死去してしまいました。ちょうど60歳でした。

    ※:やなせたかしさん…『それいけ!アンパンマン』等の原作者で、自分をモチーフにしたやなせうさぎ役で声優として特別出演をした経歴もあった方でしたが、2013年10月13日午前3時8分、心不全のため東京都文京区の順天堂大学医学部附属順天堂医院で死去してしまいました。学年ではまだ94歳でした。

    ※:肝付兼太さん…1973年に日本テレビ系列で放送されていた事で初めてアニメ化された『ドラえもん』でジャイアンこと剛田武、1992年度以前のNHK『おかあさんといっしょ』の人形劇『うごけぼくのえ』でカリ、『ブンブンたいむ』でおしらせどりのごじゃえもんと同時期から2005年3月18日までにテレビ朝日系列で放送されていた『ドラえもん』で骨川スネ夫、『にこにこぷん』で袋小路(ふくろこうじ)じゃじゃまる、『おそ松くん』(第2作)でイヤミ、『それいけ!アンパンマン』でホラーマン等の声を演じた方でしたが、2016年10月20日に肺炎のため亡くなってしまいました。まだ80歳でした。

    • たくさんの情報ありがとうございます!
      わかりやすく説明して頂いて、声優の歴史のようですね。
      長いアニメは、声優も世代交代していきますものね。
      勉強になりました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    tomo

    子持ちのサラリーマン30代の男性です。気楽に生きてます! ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供のことも書いていけたらと思っています!(^^)! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!