ADHD注意欠陥多動性障害とは発達障害とカミングアウトした芸能人や特徴など

Pocket

みなさんこんにちは。
今回は発達障害の一種のADHDについて皆様にお話ししたいと思います。

 

 

 

ADHDって知ってますか?

 

みなさん発達障害という言葉や、ADHDという言葉を聞いたことがありますか。

突然ですが、私はADHD(注意欠陥多動性障害)です。

 

発達障害の一種のようで、日本名の通り何か一つのことに集中できない、注意力が散漫でじっとしていられない、多動性ということらしいです。

 

大人になると多動性がとれて注意欠陥だけが残るADDになるとも言われています。

 

前に読んだ本の中では、前頭葉のワーキングメモリ不足と、大脳基底核の働きが悪いというようなことが書いてありました。

子供でそういった子の例がよくあるそうですが、子供はみんなそうだよという声もあると思います。

 

個人差はあるのですが、手のつけられないレベルという感じでしょうか。

 

忘れ物とミスを連発したり、授業中大声を出したりという感じです。

 

周りの反応

 

周りからは、親のしつけが悪いんじゃないかとか、問題のある子、足りない子などと言われて育っていくことが多いようです。

 

自分の場合は、人の気持ちがわからなくて嘘をつきまくったり、人を傷つけたりしたり、怒られることも多くて人から怒られることは、背筋がぞっとするくらい怖かったです

 

親が叱れば治まるとかではなくて、それがずっと続いていくものだから、親は大変だと思います。

 

大変というか、自分を攻める人や、子供を虐待する人もいます。そうすれば、治ると思っているからです。病気ではなかったら直ると思います。

 

でも、発達障害なら治りません。上手に付き合っていくしかないのです。

 

周りも大変だと思います。特に周りに理解されないこと、親のせいだなんて言われることもあるかもしれません。

 

芸能人では

 

 

実は芸能人でもそういった方が次々とカミングアウトしていっているのです。

 

芸能人では、栗原類やSEKAI NO OWARIの深瀬さんが自分がADHDであると言っています。

 

書籍などでは片付けられない女達というのが、話題になりました。

 

他にも記事で書いたのですが過去の偉人たちもADHDだったも参考にしてみてください。

 

織田信長坂本龍馬もそうだったのではないかと言われています。

 

私の場合

 

 

私の場合は毎日がめちゃくちゃでした。忘れ物は毎日ですし、遅刻もしょっちゅうで、授業中はいつも関係ないことをしたり、大声を出して、怒られていました。

 

毎日怒られていると、無意識に人が怖くなり、気付いたら、人に怒られないよう顔色をうかがうことばかりに気を取られるようになっていました。

 

それでも怒られてましたけど。自分は世の中に必要ない人間だと思っていました。勉強しても成績は悪かったし、これは頭が悪いからなんでしょうね。みんなこんななんでしょうか(^-^;

 

大学の頃、そういった毎日の蓄積で鬱になりました。それがきっかけでADHDを知りました。

 

知らずに生きてきて、生きずらいと感じた方は多いのではないでしょうか。

 

ある日これだ!っとわかる日が来るんですね。ありがとう、情報化社会という感じですが。

 


まとめ

 

今回発達障害についてお話しましたが、この障害は、自分は人のようには要領よく生きられないと自覚して、そこから創意工夫を繰り返し、一歩を踏み出すことからはじまるんだと認識しました。

 

工夫することを楽しむくらい

 

じゃないと、やっていけません。それから現実を直視することからはじめていきます。

 

同じような悩みがある人はいつでも連絡ください。

 

今回も長らくお付き合い頂いてありがとうございました。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

tomo

子持ちのサラリーマン30代です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!