映画【夏への扉】ピートの正体は何者?猫のピートとの関係も考察

「夏への扉」はロバート・A・ハインライン原作の小説です。SFの要素を取り入れた作品は、秀作として今も人気が高く、

日本でも加藤喬さんが訳して、1958年に発売されました。そして、2021年6月公開で山崎賢人さん主演で映画化され、

 

SFの要素や、タイムマシーンなどの登場で、異世界を味わうことができます。今回はピートについて調べてみます。

 

映画【夏への扉】ロボットのピートについて!ピートの正体は何者なの?

原作では友人の裏切りに会い、主人公は冷凍されてしまいます。

 

ロボットのピートについて 

ピートはもともと原作者、ハイラインの愛猫の名前でした。そのまま物語に登場させ、主人公の愛猫として描かれています。

しかし、一緒に冷凍されるはずが、ピートがいなくなってしまい、主人公だけが冷凍されてしまい、

 

30年後に目覚めた時には、すでにピートは亡くなっています。ピートへの思いを断ち切れない主人公は、

自信がロボット開発の技術を使い、愛猫ピートを再現するのです。

 

ピートの正体は何者なの?

ピートは先ほども記載したように、主人公の愛猫であり、いつも外からドアをノックして「開けて」と催促してくる猫ですが、

ピートはその扉は「夏へ」と続いていると考えています。しかし、主人公が冷凍されるときにいなくなってしまい、

 

主人公の宗一郎だけが冷凍され、30年後によみがえりますが、残念なことにピートはすでにいなくなっていました。

しかし、2025年によみがえった宗一郎は、まだ未完成のタイムマシーンで、過去か未来かどちらに行くかわからない状態で、

 

賭けにでて、過去にタイムスリップすることに成功します。そして、自分を裏切った共同経営者の元からピートを助け出し

現代にまた戻ってくることができました。宗一郎にとってピートはなくてなならないパートナーなのです。

 

猫のピートとの関係も考察!ツイッターの予想は?

ピートは猫ですが、どこまで主人公とかかわりがあるのでしょうか!?

 

猫のピートとの関係も考察! 

猫のピートは原作では、主人公の家にある11のドアのどれかが「夏へ続く」とおもっています。

主人公も夏へ続く扉を探しています。ピートが夏へ続くと思っているのは、冬が嫌いだから

 

主人公とピートの考えはリンクしているのです。しかし、共同研究者に裏切られ、冷凍睡眠に入ってしまっている間に

ピートは亡くなってしまいますが、30年後によみがえった主人公は、ピートをロボットとしてよみがえらせます。

 

そして、共同経営者への仕返しを考えますが、すでに会社は倒産し、共同経営者は死去しており、復讐の意味がなくなってしまいました。

それでもピートだけは主人公の元にロボットとして寄り添い、タイムマシーンで過去に戻ることで本物のピートを取り返すことができました。

 

主人公が「夏の扉」を探すのに、欠かせないパートナーが猫のピートなのです。

 

ツイッターの予想は? 

やはりピートは「夏への扉」を探すパートナーとして、欠かせない存在となっていますね。

ロボットになってもその気持ちは変わらず、「夏への扉」を探す相棒として欠かせないですね。

 

まとめ

・ロボットのピートは冷凍されてしまった主人公が目覚めた後に作り出した、愛猫のロボット

・ピートは家にある扉が「夏への扉」だと信じている

・主人公も「夏への扉」を探していますが、そのためにピートは欠かせない存在

・Twitterでもピートは冬嫌いの夏好きとして認識されている

 

今回は「夏への扉」で、主人公の愛猫のピートについて調べてみました。猫になってもロボットになっても

「夏への扉」を探し続ける、主人公の良きパートナーなのです。

 

 

関連記事

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

30代の子持ちの会社員です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 子供がいて記事を書く時間がなかったり、他のライターさんと協力して記事を書かせて頂いています。ためになる情報も書いていきたいです! ドラマ記事がメインですが、まだ小さい子供もいるので、テレビ記事、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!