ドラマ【M愛すべき人がいて】ロケ地や撮影場所はどこ?バーやレストランなど

平成の歌姫・浜崎あゆみさんも一人の女性として恋をしていた…。

 

浜崎あゆみさんとエイベックスのプロデューサー松浦勝人さんの恋愛をモデルに描いた小説

 

「M 愛すべき人がいて」の実写ドラマが2020年4月18日(土)よりスタートしました。

 

話題になった小説の実写化ということで、注目度の高かったこちらのドラマ。

 

今回はドラマの撮影が行われたロケ地や撮影場所について注目!

 

「見たことある!」と多くの人が思う場所がいくつか登場したようですが、今回はドラマのロケ地についてしっかり紹介していきます!!

【M愛すべき人がいて】のロケ地や撮影場所はどこ?

安斉かれんさん×三浦翔平さんのダブル主演で贈る「M愛すべき人がいて」!一体どこで撮影が行われたのかロケ地や撮影場所についてみていきましょう。

 

山下埠頭

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町279‐1

 

4月18日(土)に放送された第1話の冒頭シーンの撮影が行われたロケ地は、神奈川県横浜市にある「山下追悼」でした。

 

横浜市内にある長い桟橋を見て「山下追悼」で撮影が行われたことに気付いた人が多かったようです。

 

渋谷スクランブルスクエア

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2丁目24−12

 

4月18日(土)に放送された第1話で、福岡に住む少女・アユが祖母とともに東京に上京してくるシーンがありました。

 

見覚えのある人通りの多い場所で撮影が行われていましたよね。

 

こちらのシーンが撮影されたのは、東京都渋谷の「渋谷スクランブルスクエア」でした。

 

三田一丁目交差点付近

東京都港区三田

 

4月18日(土)に放送された第1話でアユがマサからの電話を待つシーンがありました。東京タワーがよく見える場所でベンチに座って待っていましたよね。

 

この場所は三田一丁目交差点の近くであるとのことでした。

 

六本木通り

〒106-0032 東京都港区六本木3丁目

 

4月18日(土)に放送された第1話では、夜の六本木通りもロケ地として登場しました。

 

アユが友達になった理沙(久保田紗友)と六本木にあるディスコ・ベルファンから自宅に帰るシーンで登場していましたよね。

 

銀座 水響亭

〒104-0061 東京都中央区銀座7丁目5−4

 

4月18日(土)に放送された第1話で、アユがマサの前で歌を歌うシーンがありました。

 

このシーンが放送されたバーとして登場したのが、東京都銀座にあるダイニングバー「銀座 水響亭」でした。

 

ちなみにドラマに登場した「銀座 水響亭」は、ドラマ「相棒」のロケ地にもなったんですよ!

 

アンソレイエ

〒270-1340 千葉県印西市中央南2丁目3−1

 

4月18日(土)に放送された第1話でアユとマサが待ち合わせたレストランのロケ地として登場したのは、

 

千葉県印西市にある結婚式場「アンソレイエ」でした。

 

レストランにしてはおしゃれな庭だなと思っていましたが、結婚式場だったんですね!

「M愛すべき人がいて」を見逃がした場合

 

「M愛すべき人がいて」はABEMAとの共同制作ドラマとなります。

 

放送後1週間以内であれば無料で視聴することができます。

 

またプレミアムプランに加入することにより全放送を視聴することが可能になります。

 

>>>ドラマ【M愛すべき人がいて】を見逃した!再放送やネットでフル動画を視聴する方法

 

「1週間以内」の見逃しなら料金はかかりません。一度お試しください!!