芹那を最近見ないが消えた理由や干された原因は?現在の活動は?

Pocket

バラエティ番組で見ない日はないというくらい人気だった元アイドルでタレントの芹那さん。

 

あの独特な甘~い感じの喋り方で女性からの支持はいまいちでしたが(苦笑)

 

男性人気は高かったですよね!

 

ですが、「最近テレビで見ないな~」と思っている人は多いはず!!

 

今回は芹那さんが今なにをしているのか「あの人は今」ってことでまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

芹那さんプロフィール

 

出典:https://www.aplus-japan.com/talent/serina/

 

まずは最初に、芹那さんのプロフィールについて紹介していきます。

 

・名前 芹那(せりな)

・生年月日 1985年5月19日

・出身地 北海道

・ジャンル 元アイドル、タレント

・所属事務所 A-PLUS

 

芹那さんは元SDN48として活動していました。

 

みなさん、SDN48を知っていますか?今の若い子は知らないかもしれませんね…。

 

SDN48は、AKB48のお姉さんグループとして誕生したアイドルグループです。

 

AKB48の卒業生を中心に作られたグループで、セクシーな衣装に身をまといセクシーなダンスで歌うというグループでした。

 

芹那さんは2009年からSDN48として活動をスタートします。

 

元AKB48のメンバーではない芹那さんでしたが人気が高く、ほとんどの曲でフロントメンバーに選抜。中心メンバーとして活動していました。

 

残念ながらSDN48は2012年にメンバーの全員が卒業、グループとしての活動は事実上の終了となりました。

 

アイドルとして活動していた芹那さんはタレントに転身、さまざまな番組に出演するようになります。

 

テレビで見ない日はないというくらい本当にたくさんのテレビに出演していました。

 

なんと全盛期には年間出演本数が370本を超えていたんだとか!

 

いかに芹那さんがブレイクしていたかがこの370本という数字から分かりますよね。

 

スポンサーリンク 

 

芹那を最近見ないが消えた理由や干された原因は?

 

大ブレイクしていた芹那さん、ですが最近はまったくと言っていいほどテレビで姿を見なくなりました。

 

ここで気になるのが、芹那さんがなぜ消えた(干された)のかです。

 

ここでは芹那さんが消えた(干された)理由についてみていきます。

 

売名行為?

 

芹那さんと言えば「モテ女」として当時知られていました。

 

バラエティ番組でさまざまな芸能人から口説かれたとよく実名を公表し世間を騒がしていたんです。

 

しかし実際は口説かれたのではなく、ただ話しかけただけ。

 

スポンサーリンク

 

もちろん本当に口説いてきた人も居るかもしれませんが、実は多くが話しかけただけなのに口説かれたと言っていただけだったのです。

 

口説かれたと言っている男性の中には、サッカー日本代表の長友選手も居ました。

 

しかし実は長友選手が芹那さんを口説いたのではなく、芹那さんが長友選手に本気だったそうで。

 

このような嘘の発言をし売名行為をしていたとして、世間だけでなく芸能界からも要注意人物として嫌われてしまったのでしょう。

 

 

大手事務所を敵に回した

 

芹那さんは過去に小池徹平さんとの熱愛報道が出たことがあります。芹那さんが小池徹平さんの住むマンションに出入りしている姿がキャッチされたのです。

 

当時、小池徹平さんはNHK朝ドラ「あまちゃん」へ出演していたため、芹那サイドが話題作りのために仕掛けたのではという噂が業界内に広がりました。

 

これに怒ったのが、小池徹平さんが所属している事務所バーニング。

 

また芹那さんはジャニーズ事務所のアイドルグループ、関ジャニ∞の大倉忠義さんとの交際も過去に報じられており、ジャニーズ事務所も敵に回しています。

 

こうした大手事務所を怒らせた芹那さんであるため、芸能界から干されたのも自業自得であると言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

現在の活動は?

 

 

バラエティ番組で姿を見せなくなった芹那さん。現在どのような活動をしているのか気になりますよね。

 

現在ですが、つい最近ドラマ「大恋愛」にゲスト出演していました。その他にも・・・

 

TwitterやInstagramで近況をUPしていますが、お芝居やイベントなどを中心に活動しているようです。

 

 

 

テレビで見ていた時と比べると、ぐっと大人っぽくなって、なんだか生き生きとしていますね♪

 

また、バラエティでもあの声を聞けたら嬉しい人も、多いのではないでしょうか。

 

 

 

https://aikru.com/archives/1089