ドラマCRISIS第4話2人の男の正体と平成維新軍との関係は?感想や考察も


はじめに

スポンサーリンク

今回はついに第4話ということで、前回の平成維新軍の件の続きなのでしょうか。

それとも、まったくの別件なのか、全部繋がっているのかわかりませんが、とにかく今回も楽しみにしてます。

アクションシーンも楽しみですね、それではどうぞ!

 

あらすじ

ある日、稲見(小栗 旬)や田丸(西島秀俊)が所属する特捜班は、大学で航空宇宙工学を専攻する有馬丈博教授(小市慢太郎)の身辺警護を命じられる。

しかし、有馬に関する詳しい情報は与えられず、分かっているのは、すぐにでも命を狙われるような危機的状況にあり、一週間後に出国するということだけ。大学の研究室を訪れた特捜班に対して、横柄な態度で接する有馬。

同じ頃、大学の構内には護衛のついた有馬を険しい表情で見つめる石黒(近藤公園)の姿があった――。

翌朝、有馬とともに大学へ到着した稲見は、研究室付近で何やら不穏な空気を感じる。すると、樫井(野間口徹)が爆薬の臭いを嗅ぎつけ、研究室内に爆弾が仕掛けられていると察知。

注意を促すが、有馬はそれを無視して部屋のドアを開けてしまい、その瞬間、激しい爆音とともに研究室は破壊されてしまう。

現場近くのエレベーターホールでは、拳銃を手に待ち構える石黒の姿が。その裏をかいて、なんとか建物の外に脱出した3人。しかし、向かった駐車場には、もう一人の暗殺者・石立(浜田学)が潜んでいて、稲見は石立と激しい攻防を繰り広げる。

 事態を受けて、吉永(田中哲司)は鍛治(長塚京三)に今回の任務の背景を問い詰める。
 鍛治はミサイル実験に力を入れるある国が、有馬の優秀な頭脳を狙って拉致を画策していると明かすが、吉永は腑(ふ)に落ちない。
 
暗殺者を割り出すため、大山(新木優子)は前科者リストをチェックするが、稲見は「あいつらは前科者とか、そういった種類の人間じゃない」と、男たちが暗殺のプロだと確信していて――。
 
 
第4話 ストーリー | CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 | 関西テレビ放送 カンテレ より引用
 
http://www.ktv.jp/crisis/story/04.html

ドラマ内容(長いです!)

今回の任務は要人警護で、対象者は東京工業科学大学の有馬丈弘教授だ。

その方が、高度に政治的な存在ってわけですか?

わからん、上から下りてきた命令は、教授の身辺を見張り、完璧に警護しろって命令だけだ。

専攻は航空宇宙科。

拳銃の携帯許可が出ている。かなり危険な任務だ。

一週間後に有馬教授は海外に出国するという。

 

場面変わってオフィス

男:非通知で電話が掛かってくる。納期は一週間以内で。

その後、本屋で誰かと話をしている。どんな手段を使ってもかまわないと。

言われた男は、倉庫で箱を開けると武器がたくさん入っている。

 

クライシスメンバーが有馬教授を訪る。

5人が警護を担当する。

予定を聞く。

予定なんてない!好きな時に好きなように動く。目障りだから出ていけと言われる。

 

吉永:この5人が派遣されたということは、何が起きてもおかしくない。

 

稲見と田丸が部屋の前で警護している。

稲見:俺なら行くならハワイへ行きたいな。

田丸:どこへ行っても、同じだ。過去は変えられない。大切なのは誰と行くかということだ。

ガラスの割れた音がする。

お酒の瓶。

いい気なもんだよな。

過去の自分と決別しようとしているんだよ。やり方は間違っているけど。

 

今夜の見張り番は、田丸と大山。

稲見、自宅待機の意味は分かってるな。

 

バーで、女の子が携帯を見ている。

バーテンが稲見にあの様子は、分かれるかどうかの瀬戸際なのかも。

バイブが鳴る、カウンターに頭をつける。

バーテン:分かりやすいな、絶対いい子ですよ。

稲見が女の子の横に座る。

稲見:過去の自分と決別するには、側にどんな人がいるかが大切なんだって。

芳:ううっ(泣いてる)

稲見:そばにいるから、とりあえず泣いちゃいなよ。

 

先ほどの男(石黒、石立)

どうだった、使えそうな護衛がついていた。

多少はてこずるかもな。

公休もとった。

公務員はいいな。

 

有馬:ドアを開けようとすると止められる。

樫井:ドアを開けないでください。爆薬が仕掛けられている。爆薬のにおいがする。

有馬:バカバカしい。扉を開ける。

ドーン(爆弾が爆発する)

なんとか避ける。

二次攻撃の危険性がある。離れるぞ。

 

メガネの男がゆっくりと男が近づいてくる。拳銃を持っている。

 

稲見達が外に逃げている。

電話でそっちに向かったという。

もう一人の男と稲見が戦う。

倒して、車に乗って3人でそこから逃げる。

 

警察署オフィスにて

吉永が鍛冶に、有馬教授の背景を聞いている。これ以上うちの連中を危険にさらせません。

すぐに出国させてくださいというが、聞いても得ない。

まあ、いろいろと手を使って背景をさぐってみる、もう少しがんばれと言われる。

 

クライシスオフィス

教授は取調室にいて、ショックから立ち直った瞬間にイライラしている。

班長と話したいという。

大山が前科者をあたるが、稲見は、あいつらはそういった種類の人間じゃないという。

 

吉永が教授と話をしにいく。

有馬:話がある。家族が心配だから、そっちも警護を付けてくれ。

分かれた奥さんと、息子のことだという。警護をつけないようなら、マスコミにすべてをばらすと上に伝えてくれと言う。

ミサイルのことかと聞くが、とにかく上に伝えろという。

 

有馬がオフィスに入ってくる。眠れないという。

樫井の作業に興味を持つ、それは?

樫井は、今朝のトラップを後学の為に図面に書いているという。図面を書いていると無心でいられる。

有馬:私はロケット開発の研究をしていたんだ。いい研究者なんだ。図面を引いているだけで幸せだ。

君たちを監視のために使わされたのかと思ったよ、今朝の礼をしてなかった。ありがとう。

稲見:全部過去形になっていた。

 

スポンサーリンク

 

取調室 吉永と有馬

家族に警護をけました。しかし、それは逆に目を引くということにもなりかねません。

目を引いて逆に危険になるということか?君は本当にそう思うのか?

分かったよ、警護の件はしかたないからあきらめる。

 

出国の件はどうなってる。

一週間はかかりそうです。

一つだけお願いがある。家族に会いたい。遠目からでもいい。

これは警告だ、聞いてもらえなけらばすべてを暴露する。

 

女性と子供が幼稚園を出てくる。有馬の乗った車の脇を幸せそうな二人が通り過ぎる。

有馬は、目をつぶる。

 

警察署に戻って、有馬は食べるものが欲しいという。

田丸が用意します。すぐもどってくる。

有馬が今度はトイレが詰まってしまったという。

行こうとした大山の背中を殴る。倒れる。

その隙に有馬が逃げる。

 

有馬が公衆電話で電話している。

私だ、改めて交渉したい、新しい情報があるんだ。

 

スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

Sano

子持ちのサラリーマン30代の男性です。気楽に生きてます! ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供のことも書いていけたらと思っています!(^^)! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!