映画【一度死んでみた】の監督は浜崎慎治!経歴や代表作品の評価は?

2020年3月20日(金)より公開される映画「一度死んでみた」。

 

「2日間だけ死んじゃう薬」を巡り、広瀬すず×堤真一×吉沢亮が大騒動に巻き込まれるといったストーリーになるそうですが、一体どのような映画になっているのでしょうか。

 

今作でメガホンを取ることになったのは、浜崎慎治監督です!人気CMとなったauの「三太郎」シリーズを手掛けたことで知られる監督ですね。

 

今回は浜崎慎治監督に注目!どのような人物であるのか。経歴や代表作品の評価を調査しまとめていきます。

映画【一度死んでみた】とは?

 

ではまずはじめに、映画「一度死んでみた」とはどのような作品であるのかみていきましょう。

 

 

父親のことが大嫌い!!いまだ反抗期を引きずっている女子大生の七瀬

 

売れないデスメタルのボーカルをしている彼女は、ライブで「一度死んでくれ!」と父・計への不満をシャウトすることを日常にしていました。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

🎤野畑七瀬🎤 反抗期をこじらせ中⚡️ 魂ズのボーカルで「一度死んでくれ!」と大嫌いな父・計への不満をシャウト☝️☝️ 映画『#一度死んでみた』 3.20 ROADSHOWデス☝ #広瀬すず #吉沢亮 #堤真一 #リリー・フランキー #小澤征悦 #嶋田久作 #木村多江 #松田翔太 #加藤諒 #でんでん/#柄本時生 #前野朋哉 #清水伸 #西野七瀬 #城田優 #原日出子 #真壁刀義 #本間朋晃 #野口聡一 #佐藤健/#池田エライザ #志尊淳/#古田新太 #大友康平 #竹中直人 #妻夫木聡

一度死んでみた 映画公式アカウントデス☝️(@ichidoshindemita)がシェアした投稿 –

ある日、計が”死んでしまった”という報告が入る。

 

計は自分が経営する製薬会社で発明された「2日間だけ死んじゃう薬」を飲んでしまったのです。今、仮死状態であるという計。

 

そんな計の話を聞きつけたライバル会社は、本当に計を火葬しようとして…!

 

大嫌いだったはずの父の絶体絶命のピンチに直面した七瀬は、存在感がなさすぎて”ゴースト”と呼ばれていた父の秘書である松岡とともに、父を救うために立ち上がる!!

 

映画「一度死んでみた」で、広瀬すずさんは髪をピンクに染めデスメタル女子に変身!これまでの広瀬すずさんとは違った一面を見ることができる作品となっています!!

 

広瀬すずさんとともに、父親(堤真一)を救うため立ち上がるのは、吉沢亮さんです。

 

広瀬すずさん×吉沢亮さんといえば、朝の連続ドラマ小説「なつぞら」ですよね!

 

また2人が共演している姿を見ることができるなんて、朝ドラファンとしては嬉しい限りです。

 

その他キャストはこちら ↓

・小澤征悦

・リリーフランキー

・嶋田久作

・木村多江

・松田翔太

・古田新太

・大友康平

・佐藤健

・池田エライザ

・志尊淳

・竹中直人

・妻夫木聡

etc..

 

豪華キャストが登場する映画「一度死んでみた」、公開が楽しみですね!!

 

 

浜崎慎治監督のプロフィール

 

ここからが本題、浜崎慎治監督について紹介していきます。

・本名:浜崎慎治(はまさきしんじ)

・生年月日:1976年

・出身地:鳥取県

 

さまざまなCMを手掛けたとして知られる浜崎慎治監督ですが、元々はダムや橋といった大きなものを作りたいという夢があったと言います。

 

そのため高校卒業後は埼玉大学建設工学部に入学しました。しかし、設計事務所の面接に落ちてしまいます。

 

落ち込んだ浜崎慎治監督は、スチールカメラマンをしている兄の部屋で「コマーシャル・フォト」というものを発見し心を奪われてしまいます。

 

このことがきっかけに、この業界に興味を持ち今に至ると言う訳です。浜崎慎治監督は、大学卒業後に東北新社系列制作会社に就職。

 

就職し制作についてしっかりと学ぶことができたと語っています。しかし、会社ではやりたいと思っていた演出の仕事が回ってこなかったそうです。

 

そこで2年間で稼いだお金を軍資金にし、会社を退社。

 

退社してからは培った制作の技術を元に映像作りを行っていたと言います。当時作った”自転車で通勤していた人たちが急にレースを行う”評価され、テアトル新宿で放送されたりしていたのだとか。

 

そしてこの映像をTYOへと送り、就職決定。企画演出部に入ることができやる気がみなぎっていたのですが、ここでも演出の仕事はない。

 

どうすればいいのだろうと考えた浜崎慎治監督は実家(鳥取で100年続く醤油屋)をアピールするCMを作りACC賞へと出展。そこで、ブロンズを獲ることができたんです!

 

このことをきっかけに社内で顔を知られるようになり、仕事が回ってくるようになったそう。

 

これまでの経歴を見ると、自分のやりたいことを全力でやってますよね。そして評価されるのは才能でしょう。

 

他作品や代表作品の評価は?

 

浜崎慎治監督と言えば、auの「三太郎」シリーズのCMでしょう。

 

なんと三太郎シリーズはこれまで100本以上を制作!!CM好感度、CM演出部門でいずれも3年連続(2015年-2017年)1位を獲得しているんです!

 

過去に手掛けたCMはこちら ↓

・家庭教師のトライ「教えてトライさん」

・トヨタ自動車「TOYOTOWN」

・トクホン「ハリコレ」

 

今回は映画監督ということで(初監督なんだとか!)、どのような作品になっているか楽しみです!