君の膵臓をたべたいの意味とは?桜良の名言や映画のネタバレ感想も


はじめに

 

みなさんこんにちは!最近スマホばっかりいじっていたら、家族から白い目で見られているTOMOAKIです!!

っというわけで、「君の膵臓をたべたい」ですが、もともと住野よるさんによる青春小説ということですが、それが実写化されたということで、見に行ってみましたので、いろいろと書いていきたいと思います。

 

桜良の名言や感想には、少しネタバレに絡んでいるところもあるので、注意してください。

 

結末はあえて書きませんね!

 

 

スポンサーリンク

 

 

映画君の膵臓を食べたいのあらすじを簡潔に!!

 

 

主人公は「ぼく」という人物で、学校の先生をしています。主演は小栗旬でした。その先生の過去が回想されていく。

 

ぼくという人物、友達がいなく他人と関わるのが苦手な内気な性格の高校生。

 

ある日、病院で「共病文庫」という本が落ちていて、それは手書きの本で、山内桜良というクラスメイトの書いたものでした。そこには、膵臓の病気で長くは生きられないと書いてあった。ぼくはその本を読んでしまったことで、二人の関係がスタートする。

 

山内桜良は明るい性格で、ぼくとは正反対の人間だが、これをきっかけに仲良しになっていく。

 

桜良は「死ぬ前にやりたいこと」ということを考えてリストにして、唯一、桜良の病気のことを知っているぼくと一緒に実行していく。最初は他人と関わることを拒否し、友達も誰もいなかったぼくだったが、桜良によって変わっていく。

 

桜良の強さに心惹かれていくぼくは、人を認めたり、人を愛せる人間になることを決意していく。

 

桜良自身も、最初はただ秘密を知っていた人物として、ぼくを見ていたが、強くて芯のある人であり、「初めて関わり合いを持ちたい人」に選んでくれたことで必要とされ、「たった一人の私であると思えたと感じて」心ひかれていく。

 

二人の関係だけでなく、周りの反応や、現在に戻っての過去からの話もストーリーとして続いていく。

 

余談ですが、そういえば昔、死ぬ前にやりたいことっていう映画がありましたよね。それを思い出しました。自分自身も、死ぬとわかったら、いったい何をやりたいと思うのでしょうか。

 

 

死ぬまでにしたい10のこと [ サラ・ポーリー ]

価格:1,637円
(2017/7/29 10:51時点)

 

ちょっと、桜良の死ぬ前にやることリストに近いものもあります。よかったらどうぞ!

 

 

君の膵臓を食べたいのタイトルの意味は?

 

 

このタイトルを聞いたときに、まったく意味がわからないと思いましたし、膵臓を食べたいと思うくらい好き

という意味かな?なかなかグロいタイトルだななんて思ってしまいました^^;すいません。

 

みなさんも、このタイトルを聞いたとき、「??」と思ったのではないでしょうか。映画を見ていると、その意味について話していたので説明します。

 

 

タイトルは「君の膵臓をたべたい」ですね。

 

まずは、主人公の桜良が膵臓の病気であるというところがキーワードになってきます。

 

映画の中で、昔の人は病気があると、病気の部分(例えば膵臓が悪ければ、膵臓を)動物の臓器を食べたんだってっていう会話があります。その臓器を食べると治ると信じられていたという話。

 

ぼくもそんなの信じてるの?とちょっとバカにした感じで返しています。それから、他の生き物の一部を食べることで、その生き物の魂が宿ると信じられていたという。

 

つまり、「ぼく」の膵臓を食べると「ぼく」の魂が桜良に宿るということになります。

 

あるシーンでは、

 

 

私はもうとっくに君の魅力に気づいていて、君の爪の垢でも煎じて飲みたいな。

そんなありふれた言葉じゃ駄目だよね。私と君の関係は、そんなどこにでもある言葉で表すのはもったいない。

 

そうだね、君は嫌がるかもしれなけど、私はやっぱり、

 

君の膵臓を食べたい。

 

っというセリフがある。

そいうことなんですね。つまり、実際に食べるというより、ひとつの表現ですね。

ある意味告白のようなことなんでしょうか!!

 

みなさんも、好きな人に言ってみてはどうでしょうか。

私はあなたの膵臓を食べたいんです!!って。

 

 

桜良の名言

 

映画を見て覚えた言葉なので、足りないことや、多少言葉が違うかもしれませんが、ご容赦くださいm(_ _)m

 

桜を見に行こうよ。

桜は散ったふりをして、本当はすぐに咲き続けているの。みんなを驚かせようとして。つぼみになったりして。

 

桜良だけに、桜を見に行きたかったんですよね。でも、すぐに芽吹いて次の準備をしているってことなんでしょうけど、可愛らしい言い方ですよね。

 

神様はこういう時は、病人に味方してくれるんじゃないのなかー。

じゃんけんで負けた時の言葉ですが、可愛い言い方ですよね。本人は何かを告白しようと本気だったようですが。

 

 

好きとか、嫌いとか、手をつなぐとか、ハグをするとか、そうだとか、それ違うとか、それが生きるっていうこと。

一人じゃわからない。楽しいのにつまらないとか。

 

たぶん、言葉が足りてないと思いますが、もっと長い文章だと思います。でも、いろいろな矛盾を持っていて、楽しいことも苦しいことも、いいことだけじゃなく、悪いこともすべてが人間ということなんでしょうね。

 

 

君がくれた日常は宝物だよ。

もう一度旅行したかったな。

 

すごく素敵な言葉ですね。ぼくも一度は言われてみたいです。言われるのが無理なら、言ってみたいですね!!

 

 

偶然じゃないんだよ、自分で道を選んでここに立っているんだよ。

君がしてきたことも、私がしてきたことも全部。

私たちは、自分の意志でここまで来たんだよ。

 

ぼくと桜良が出会ったときのことですね。ただ本を拾った偶然で終了ではなくて、そこまでの過程で、自分で選んで来た道なのだから、偶然なんかじゃないってことなんでしょうね。一番カッコイイ言葉ですね!!

 

 

 

ネタバレ注意!!映画を見ての感想!?

 

一言で言うなら、映画を見終わった後は泣いていました。

 

最近歳のせいか涙もろいのもあると思いますが、とても清々しい気分になりました。

 

原作がもともと青春小説とということなので、爽やかな感じかなと思ってはいたのですが、それだけではなくて、人間として考えさせられることも多かったし、見ていてドキドキしたり、喜んだり、がっかりもしてしまいました。

 

それから、感情移入しすぎて、

浜辺美波さんが好きになっていました。見終わったあとは、しばらく浜辺さんの映像を思い出しました。え?きもいですか?

 

すごく、笑顔が素敵で爽やかな女優さんだなーって感じました。

 

そして、主演も小栗旬さんや北川景子さんでしたが、なかなか豪華な使い方してましたね。小栗旬さんは少し痩せていました。たぶん役作りの為かなと思います。

 

ストーリー全体を通してみと、小説ならではのたくさんの素敵なセリフがありましたし、単なる青春映画というだけではなく、考えさせられることも多かった映画でしたね。

 

展開的には、予想外!?という感じでした。

 

ここからはネタバレを含みますが、最後の通り魔のシーンはとても悲しすぎてがっかりしてしまいました。原作に忠実だったのでしょうね。

 

最後の方の、桜良が亡くなって家でお骨に手を合わせていて、その後本を手にした時のセリフが本当に涙が溢れてしまいました。

 

お母さんの前で、もう泣いてもいいでしょうかと言った後に、泣き崩れていましたね。この映画は涙なしでは見れないと思いますが、ただのきれいな青春映画でもありません。ということろでしょうか。

 

 

浜辺美波さんて?

 

スポンサーリンク

 

 

名前:浜辺 美波 はまべ みなみ

生年月日:2000年8月29日(16歳)

出身地:石川県

身長:155cm

血液型:B型

職業:女優

事務所:東宝芸能

趣味:読書 宮部みゆきやミステリ、少年漫画をよく読む

主演映画:咲-Saki-(2017年)

超インドア派で、土日2日間とも外出しないことがあるそうです。

 

インドア派と聞くと、親近感が湧いてきますよ!

 

咲-Saki-の完成試写会では、共演者の古畑星夏が、浜辺さんは、毎食コーラを飲んでいてびっくりしたとのこと。浜辺さん自身は、コーラではなく炭酸水を嗜んでいると訂正してもらうように求めた。

 

撮影中はコーラを飲んでいる姿が見られていたり、家にコーラの1リットルがストックしてあるとのことで、コーラに関するエピソードがいろいろとあるようです。

 

現在16歳なので、コーラをよく飲んでいるというエピソードが可愛いですね。

将来酒飲みにならないといいけど、、、なんてね!!

 

 

まとめ

 

今回「君の膵臓をたべたい」を見てきたわけですが、やっぱり切ない話でしたね。でも、名言的なものも多くて、ずしっとくることが多くて、原作でも読んでみたいなと思いました。

 

原作とはどのように違うかなども気になりますし、素敵な言葉が多かったので、小説の方がじんわりくるのかななんて思いました。

 

主演の方々も豪華でしたし、でもぼくはやっぱり浜辺美波さんを一押ししますね!!

 

それでは、今回も最後まで読んでいただきましてありがとうございました!!!

 

ドラマわにとかげぎす本田翼のブルゾンや可愛いシャツのブランドは?

 

僕たちがやりました窪田将孝の魅力とは?1話の感想と次回ネタバレ予測

 

 

参考サイト

 

映画『君の膵臓をたべたい』オフィシャルサイト

http://kimisui.jp/#/boards/kimisui

 

浜辺美波 Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%9C%E8%BE%BA%E7%BE%8E%E6%B3%A2

 

 

感動した名言〜住野よるさんの「君の膵臓をたべたい」を読んだ感想〜

 

『君の膵臓をたべたい』の感想と解説。タイトルの意味を理解して号泣。 – 面白ハンター

 

ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Tomoaki

子持ちリーマン36才の男性。気楽に生きてます! ADHD発達障害ありや、うつ病になった時期もありますが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、トレンド系(ドラマや映画など)の記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでも世のためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、子供のことも書いていけたらと思っています!(^^)! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 コメントなどくださると嬉しいです!