赤ちゃんのいる家族向けの手作り防災グッズのリスト!オムツの代用品など

地震に噴火に、最近では台風と、自然災害とは切っても切れないのが日本という国ですが、みなさん防災グッズなどは作られていますでしょうか?

 

いつどこで、どんな災害に見舞われてもおかしくない現代において、いざという時に準備をするのではもはや間に合わなくなってきています。

 

日頃から緊急時を想定して、防災グッズを準備しておきたいものですね。今回は、赤ちゃんがいる家族向けの防災グッズ作りについて見ていきたいと思います!

5段階の大雨・洪水の警戒レベルとは?台風が接近で避難行動は?

赤ちゃんのいる家族で避難時に困ることって?

 

 

筆者は子供が生後三ヶ月のときに北海道の胆振東部地震に見舞われブラックアウト(停電)を経験しました。

 

まだ秋口だったからいいものの、これが冬だったらと思うとぞっとしました。大人だけならまだしも、生まれて間もない赤ちゃんや、大人と同じごはんが食べられない乳幼児がいた場合、被災時も状況がかなり変わってきます。

乳幼児のいる家族で避難時に困ることとはなんでしょうか?

1 断水や停電によりミルクや離乳食が作れない
2 紙オムツやおしりふきの不足
3 哺乳瓶や食器が洗えない
4 いつもと異なる環境のせいで子どもの機嫌が悪くなったり夜泣きをしてしまう

 

などなど、他にも多く挙げられます。

 

しかし、事前に予想がつきそうなことはなんとか今から手を打っておきたいですよね。次の項目では、赤ちゃんのいる家族向けの防災グッズの作り方を見ていきたいと思います!

 

避難生活で性被害にあわないために!実態や気をつけることは?

 

赤ちゃんのいる家族向けの手作り防災グッズのリスト!

 

それでは、防災グッズを手作りしていきたいと思います!赤ちゃんがいる家族向けの防災グッズでぜひ入れていきたいものをピックアップしていきますね♪

 

1 キューブ・スティックタイプの粉ミルク

普段母乳ではなく粉ミルクをお使いでしたら、避難時はキューブ・スティックタイプのものが便利です。計量の手間がないので楽チンですよ♪

 

2 使い捨て食器類や哺乳瓶

災害時は断水している場合が多いので、食器や哺乳瓶を洗浄するのが難しいかと思います。そんな時のために使い捨ての哺乳瓶や紙皿紙コップなどを用意しておきましょう。

 

3 オムツとおしりふき

新生児なら一日に何度もオムツを替えると思うので、多めに用意しておきましょう。

 

また、避難所ではトイレも混んでいたり満足に使えない場合もあるかと思うので、オムツがやっと外れたくらいのお子さんでも予備で持って行ってあげるといいかと思います。

 

おしりふきは手足や口にも使える万能タイプがあるので、ウェットティッシュ替わりにもなるのでそちらのタイプを選んでおくといいですね。

 

4 着替え

避難所からすぐに自宅に帰れない場合が予想されるため、着替えは3日分くらいを目安に持っていきましょう。季節に合わせた服装を詰めてあげてくださいね。

 

5 お子さんのお気に入りアイテム

いつもと異なる環境でストレスが溜まると思うので、お子さんのお気に入りアイテム(おもちゃやタオルケット、おやつなど)を持っていくようにしましょう。

 

お子さんの気持ちを落ち着かせ安心させてあげられるアイテムがあるのとないのとでは、避難所生活でのストレス度がだいぶ違ってきます。ぜひ持って行ってあげましょう。

代用できることって?オムツの代用品など

 

避難所生活が長くなると準備した防災グッズがどうしても不足してしまうこともあるかと思います。なくなって一番困るのがおそらく「オムツ」です。

 

最後に、万が一オムツがなくなってしまった場合の代用品について見ていきたいと思います!

 

実はオムツは手作りすることができます。オムツ作りに必要なものは、スーパーなどの“レジ袋”と“さらし(タオル)”です!

作り方手順

1 ポリ袋の手持ち部分の上部と側面を切ります
2 底のみが繋がったポリ袋を広げ、ちょうど良い大きさに切った布を置きます
3 その上に赤ちゃんを置き、手持ち部分をお腹の高さで結んであげると完成です

 

あくまで代用品ですが、なんとかその場はしのげます。防災グッズに念のためいらないタオルやさらし、ポリ袋を入れておくといいですね!

 

今回は赤ちゃんのいる家族向けの防災グッズを見ていきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

いつどこで、どのような災害が起こるかわからない今、日頃から防災について家族で考え、しっかりと準備をしておきたいですね!

 

非常時に赤ちゃんを守ってあげられるのは、家族だけです。是非とも赤ちゃんのいる家族ならではの防災グッズを手作りしてみてください♪

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

関連記事

5段階の大雨・洪水の警戒レベルとは?台風が接近で避難行動は?

避難勧告が出たらどうしたらいいの?持ち物や避難方法は?

避難勧告のアラーム音が大きい?スマホ(iPhoneやAndroid)での設定方法は?

 

 

参考

https://feature.cozre.jp/71185

https://youpouch.com/2016/04/15/350285/

ABOUTこの記事をかいた人

tomo

30代の子持ちの会社員です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、テレビ記事、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!