ドラマ【エルピス】原作や脚本は実話なのか?元ネタの事件やモデルは?

フジテレビ系列で、長澤まさみさん主演で放送されているドラマ「エルピス」ですが、ドラマの最後に

「実際に起きた事件を元に着想を得て制作されました。」とテロップが出てきます。

 

この「実際に起きた事件」とはどういったものなのでしょうか!?

 

ドラマ【エルピス】原作や脚本は実話なのか? 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【公式】月10ドラマ『エルピス』長澤まさみ主演(@elpis_ktv)がシェアした投稿

「実話を元に」となっているので、モデルになった事件はあるでしょう

 

ドラマ【エルピス】原作や脚本は実話なのか

このドラマにははっきりとした「原作」は存在しません。タイトルの「エルピス~希望あるいは災い~」というのも

ギリシャ神話に登場する『パンドラの箱』。と言えば「開けてはいけない箱」として解釈している人も多いでしょう。

 

その箱を開けたとき、最後に残った物は「希望」あるいは「災い」を引き起こすどちらなのか!?

ということからついています。ドラマもすでに「死刑確定」している事件について、『冤罪』の可能性を追っていく。

 

まさに、「パンドラの箱」を開けてしまった人たちの、人間模様が描かれています。

 

原作は? 

原作は島根県在住の「渡辺あや」さんです。彼女のデビュー作は、最近アニメ化された「ジョゼと虎と魚たち」

池脇千鶴さんと妻夫木聡さんで、2003年に映画化されました。そのあと彼女の名前が世に出たのは

 

NHK朝の連続テレビ小説「カーネーション」です。コシノ3姉妹を育てた母の物語を描いたドラマでした。

そのどちらも、原作があったり、モデルがあったりしましたが、今回は原作はありません。

 

そして、彼女が大切にしているのは、「プロデューサーと世界観を共有する」ことです。そんな中からこのドラマは生まれたのでしょう。

 

脚本家は?

脚本は渡辺あやさん

プロフィール

名前 渡辺あや
生年月日 1970年2月18日
出身地 兵庫県
血液型 不明
身長 不明
職業 脚本家
事務所 不明

大学を卒業後、自動車関連会社に1年勤務したが、その後結婚し退職。その後夫の仕事で

ドイツで4年半を過ごして帰国し、夫の実家のある島根県で雑貨屋を営みながら、主婦として暮らしていた。

 

1999年に岩井俊二のオフィシャルサイト内で、シナリオ応募コーナーがあり、そこに応募したところ、

映画プロデューサーの久保田修に認められ、2003年「ジョゼと虎と魚たち」で脚本家デビューを果たし

 

様々な賞を受賞するが、2011年の受賞以降賞を辞退している。そして、デビューしてからもずっと島根県で生活をしている。

 

元ネタの事件やモデルは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【公式】月10ドラマ『エルピス』長澤まさみ主演(@elpis_ktv)がシェアした投稿

次は元ネタとなった事件について考えてみます。

 

元ネタの事件やモデルは? 

ドラマの根底にある事件は「連続少女殺人事件」です。松本死刑囚が3人を八頭眉山で殺害したということになっていますが、

松本が逮捕されるときに、ある女の子が家にいたことから「ロリコン」の末の犯行と当時は騒がれてしまい

 

当初「髪の長い男性」が少女と目撃されていたのに、いつの間にか中澤という男が「整備工のような服を着た男性を見た

という目撃情報が有力な手掛かりとなり、松本は逮捕されてしまったのですが、当時部屋にいたのが、

 

浅井たちの番組のヘアメイクのさくらでした。彼女はその日初めて誕生日を祝ってもらい、「おじさんはそんなことをする人ではない」

と、ディレクターの岸本がボンボンガールに手を出したことを、ネタにして『冤罪』の可能性を探るようにお願いしました。

 

「少女連続殺人」は過去に悲しいことに何度も起きています。しかし、そこから『冤罪』になった死刑囚はいません

「女性連続殺人事件」で1970年代を騒がせた事件では、犯人と思われた元建設作業員の小野が冤罪を勝ち取っています。

 

そして、ドラマ同様に過酷な取り調べが実在したことも似通っています。そして彼が過去に犯罪を犯していたから、

今回も「犯人」だという世間の決めつけや、条件に該当しない犯行でも無理にこじつけてしまう部分も似ています。

 

ツイッターの反応は?

「飯塚事件」これは異例の早さですね。犯人が逮捕されるまでに2年。そして刑が執行されるのに2年。大きな圧力が見えます。

冤罪の可能性があると、妻を代表に再審請求をしているということですが、本当に冤罪だった場合浮かばれないですよね。

 

まとめ

・「エルピス」は実際の事件をモチーフにしている

・原作はないが、実際に起きた事件の様々な部分をかけあわせている

・脚本は島根県在住の渡辺あやさん

・元ネタははっきりしませんが、1970年代に起きた「連続女性殺人事件」が冤罪となっている

・Twitterでは「飯沼事件」がモチーフでは!?との意見もある

 

殺人事件は「真犯人」がどこに潜んでいるのかわかりません。このドラマでもなぜ「長髪の男性」から、松本へ入れ替わったのか!?

そして、大門総理とこの事件の関わり、そして斎藤と大門とのつながりが、事件の糸口になりそうですね。

 

 

関連記事

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

30代の子持ちの会社員です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 子供がいて記事を書く時間がなかったり、他のライターさんと協力して記事を書かせて頂いています。ためになる情報も書いていきたいです! ドラマ記事がメインですが、まだ小さい子供もいるので、テレビ記事、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!