ワールドカップの賞金や選手の報酬は?審判や日本選手の報酬は?

現在開催中の「FIFAワールドカップ・カタール2022」ですが、日本は初戦のドイツに勝ち、コスタリカには残念ながら

1点取られてしまいましたが、次の相手はスペインです。スペインと言えば日本から多くの選手も、活躍している国ですね。

 

今回は、ワールドカップにまつわる「いろいろなこと」を調べていきたいと思います。

 

ワールドカップの賞金や参加費は? 

ワールドカップと言い、オリンピックと言い、気になるのは「お金」という方も多いのかもしれません。

 

ワールドカップの参加条件や参加費は? 

ワールドカップの開催は、オリンピックと同じく4年に1度。そして、参加できる条件は、国またはそれに準ずる地域となります。

日本の場合は1グループだけの国としての参加となりますが、イギリスを例にすると、

・イングランド

・ウェールズ

・スコットランド

・北アイルランド

そのほかにも海外に『領土』があるので、すべて合わせると10グループの参加が可能となります。

 

そして、参加条件として、ユニフォームの胸にその国を代表する『エンブレム』をつけることが義務付けられています。

日本なら「八咫烏」ですね。神話に出てくる3本足の烏です。

 

次に『参加費』ですが、これは「FIFA」に加入している、サッカー連盟国であれば参加できるトーナメント戦となります。

加盟できるのは、基本的に「国連加盟国」となりますが、一部対象外になる場合もあるようです。

 

そして、調べてみましたが、特に『参加費』というものはみつかりませんでした。しかし、参加するためには、

ベンチ入りするメンバーも含め、多くの人材を開催地まで移動させるお金がかかり、またそこに宿泊する費用も掛かるため、

 

実質的な「参加費」は大会でかかる、現地までの渡航費や滞在費など、チーム全体が負担しなくてはいけない金額なのではないでしょうか!?

 

ワールドカップの賞金は? 

賞金については、スポンサーから出資されますが、最低賞金は150万ドル、日本円で約2億円というところでしょうか。

しかし、「トーナメント戦」というところに鍵があり、グループリーグに敗退してもさらに「800万ドル」が加算されます。

 

そして、ベスト16位に入れば1200万ドル獲得できますが、優勝すれば3800万ドルが獲得できます。

つまり、参加するだけで150万ドル、そして、最終順位に準じて賞金が加算される仕組みになっています。

※2018年賞金データ(資料)

 

2022年のカタール・ワールドカップ(W杯)では各国の賞金は、FIFAは総額4億4000万ドル(約601億5000万円)を成績によって配分すると伝えている。

そして、各国はW杯出場だけでも、150万ドル(2億500万円)を受け取ったとされる。

 

ワールドカップの審判や日本選手の報酬は? 

次に気になるのが、選手たちへの報酬ですよね。

 

ワールドカップの審判 

2018年のワールドカップを例にとると、16位で敗退しているので、1200万ドルを手にしています。

そして、基本的な報酬はワールドカップへの参加を決定し、選手を選定し「日本代表」が決定した時から発生

 

練習や合宿などを経て、ワールドカップの本番に臨み、そして結果を出して帰国して、日本代表チームは解散します。

2018年はこれが46日間でした。そして、これに「日当1万円×46日」で計算されるので、一人当たりの支給額は46万円となります。

 

これが基本の手取りとなりますが、ワールドカップは国内で「Sランク」の試合となるので、特別ボーナスが支給されます。

優勝で5000万円ですが、2018年は16位だったので、600万円が選手全員に支給されたので、全額で646万円となります。

 

特別ボーナスの支給は、選手が対象になるので、審判などは日当計算になるでしょう。

 

日本選手の報酬は? 

先ほど優勝した場合は、5000万円が選手に支給されると言いましたが、他にも

  • 準優勝3000万円
  • 3位2000万円
  • ベスト41000万円
  • ベスト8で800万円
  • ベスト16で600万円

と、最終順位に対しての報酬は決まっています。ただし、毎年スポンサーから提供される賞金額がアップしており、

今回の大会でも賞金は増額していますが、2018年の円レートは110円換算でしたが、今年度は140円となっており、

 

選手が手にする賞金も、ドル計算で分配されるので、前回とはかなり異なった額の賞金が分配されるかもしれません。

2022年のサッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)では、ベスト16の日本は1300万ドル(約17億7700万円)を獲得すると伝えられています。

 

世界の選手の報酬について

日本ではこう言った取り決めがあるので、トラブルになるケースは少ないですが、ワールドカップへの参加経験の浅いチームなどは

協会と選手たちの「話し合い」で分配が決まるケースも多く、そのため試合出場後のいざこざが怒るケースも少なくありません。

 

カナダでは他の試合同様に、40%の分配を求め話し合いが決裂したケースもあります。

 

まとめ

・ワールドカップへの参加条件は国連加盟国

・最低賞金150万ドル、優勝は3800万ドル

・チームが招集されて解散までの日当計算

・Sランクの試合なので、順位により各選手に配当金がある

・他国では協会と選手の話し合いで決まる場合もある

 

ワールドカップはどこの国が勝つのか、応援する国も人それぞれかもしれません。しかし、こうして「お金」の面からみると

かなり大きなお金が動いていることが分かります。そして今年度は稀に見る円安で、しかもドル建てで賞金がもらえるので、選手のモチベーションも高いでしょう

 

ABOUTこの記事をかいた人

30代の子持ちの会社員です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 子供がいて記事を書く時間がなかったり、他のライターさんと協力して記事を書かせて頂いています。ためになる情報も書いていきたいです! ドラマ記事がメインですが、まだ小さい子供もいるので、テレビ記事、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!