【エクセプション】原作やあらすじは?登場人物やキャスト声優は?

2022年10月13日からNetflixで全世界配信が開始される、アニメ「エクセプション」は原作のないオリジナルスペースホラーです。

キャラクターデザインをファイナルファンタジーを手掛けた、天野喜孝さんが担当し、音楽を坂本龍一さんが担当することで、

 

すでに大きな話題となっているアニメです。しかも完全オリジナルの脚本を手掛けたのは、ホラーなどを得意とする安達寛高さんです。

 

【エクセプション】原作や脚本などスタッフは?あらすじは?

では脚本などについてみていきましょう

 

原作や脚本などスタッフは?

原作と脚本は同じく、安達寛高さんです。

プロフィール

名前 安達寛高 (別名義:乙一)
生年月日 1978年10月21日
出身地 福岡県
血液型 不明
身長 不明
職業 小説家
事務所 不明

15歳のころに、ゲームだけではなくライトノベルを読むことにはまり、自分でも執筆するようになる。

そして、16歳の時に初めて作品をコンテストに応募するも落選し、地元周辺を舞台にした「夏と花火と私と死体」が

 

第6回ジャンプ小説大賞を受賞し、そのまま小説家としてデビューし、ライトノベルを中心に執筆をしている。

 

あらすじは?

舞台は遠い未来。人類は地球を追われてしまい、他の銀河系に移住することを余儀なくされてしまう。

そのため、「先遣隊」が派遣され、目的の惑星に到着すると、3Dプリンターから次々と先遣隊が出力されてきた。

 

しかし、その途中で思わぬ事故が起き、先遣隊の一人に致命的なエラーが発生したまま出力されてしまった。

そして、それが原因となり次々と予測できない事態が起き、先遣隊の面々はそれに立ち向かうことになる。

 

【エクセプション】登場人物やキャスト声優は?

ではアニメの内容をもう少し見ていきましょう

 

登場人物は?

・ルイス

・マック

・ニーナ

・オスカー

・パティ

この中で、致命的なエラーを抱えたのが、「ルイス」であり、彼は人間のすがたではなく、

怪物の姿となり、仲間であるはずの先遣隊のメンバーたちを襲っていくが、のちに新しいルイスが誕生する。

 

キャスト声優は?

・ルイス・・・・小林親弘(アオアシ福田達也

・マック・・・・櫻井孝宏(平家物語平重盛

・ニーナ・・・・甲斐田裕子(真・一騎当千呂蒙子明

・オスカー・・・星野貴紀(機動戦士ガンダムNTフランソン)

・パティ・・・・種崎敦美(夜は猫といっしょピーちゃん

 

まとめ

・原作/脚本は安達寛高さんが担当

・遠い未来、移住のために作り出された3Dプリンターの先遣隊が、エラーにより怪獣を生み出してしまう

・5名のキャラクターが発表されている

・日本版声優も決定し、男女のメンバーが発表されている

 

3Dプリンターと言っても、今はあまり驚かなくなりましたが、それが「日常化」する時が来るのでしょうか!?

そうなると、こうした危険を伴う任務に最適ということになる時代も来るのかもしれません。