手作りマスクの素材に注意?発明家原田の動画で良くない素材やおすすめは?

連日ニュースを騒がせていて、世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルス。

 

世界各国で多数の感染者や死者が出ており、日本でも先日、志村けんさんが亡くなり多くの人々が悲しみに暮れました。

 

そんなコロナウイルスを予防する為に様々な方法を専門家らが提唱しています。

 

感染の予防という観点では少し弱いですが、ウイルスを拡散させない為に重要になってくるのがマスクです。

 

そして話題にもなった政府のコロナ対策として発表した「一世帯当たり2枚の布マスクを配布」という施策は、各方面で賛否両論が巻き起こっています。

 

しかしそのマスクは現在不足しており、市場に出回る数は限られています。そんなご時世ですが、中には手作りでマスクを製作し対策している方もいます。

 

ということで今回は、手作りマスクの作り方と注意点などについてまとめました。

手作りマスクの動画がたくさん出てきている

マスク不足が中々解消されず、徐々に自宅の在庫が無くなってきたという方や、既に無くなってしまったという方、一枚のマスクを複数日に渡って使用している方など様々だと思います。

 

そこで注目されているのが手作りのマスクです。

 

ネットで手作りマスクの作り方を検索すると数多くのサイトや動画がヒットします。中には詳しい解説や印刷して使う型紙などを配布しているサイトもあります。

 

しかし手作りマスクを作る上で重要になってくるのが、素材です。続いてはその手作りマスクの素材についてまとめました。

 

手作りマスクの素材に注意?発明家原田の動画では?

 

まず初めに押さえておきたいポイントが、今回の新型コロナウイルスの大きさです。

 

新型コロナウイルスの大きさは、専門家によると0.1μmとのことです。1㎜の10000分の1の大きさです。

 

そして一般に流通しているサージカルマスクの目の大きさは、0.5μmです。

 

つまりウイルスにとって市販のサージカルマスクでは完全に防ぐことは出来ませんが、それなりに防ぐことは出来ます。

 

だからと言ってマスクが全く意味がないかというと、そういうわけではありません。

 

万が一、自分がコロナウイルスに感染していたとして、それが拡散されるのを防ぐ役割があります。

 

喋る時や咳をした時などに飛び散る自分の唾液などは、想像よりもはるかに多いです。それはマスクをすることによって最小限に抑えることができます。

 

これはサージカルマスクでも布マスクでも同じ効果が期待できます。では実際にマスクを自作する場合、どのような点を注意すればよいのでしょうか。

 

発明家や投資家として活動する原田さんの動画では、素材が重要だと発言しています。

 

ではどのような素材が適していて、どのような素材が適していないのか動画を参考にまとめました。

 

良くない素材やおすすめは?

動画によると、素材選びにおいて重要なのはフィルターとして機能するか、そして通気性が良いかです。

 

それらの点を踏まえて使用に適している素材は、布や不織布です。

 

もちろん素材にもよって異なりますし、ウイルスを完全に防ぐことはできませんが、一定以上の効果は期待できます。

 

布というのはハンカチやガーゼ、Tシャツやブロード生地などです。これら概ね通気性がよくマスクの素材に適しています。

 

不織布は元々マスクに使用されている素材なので、こちらも良いでしょう。方で適していない素材としてあげられているのが、キッチンペーパーです。

 

こちらの素材は通気性が低くマスクには適していません。通気性が低い素材を使うと、自動的にウイルスもブロックしてくれそうに感じる方もいるかもしれません。

 

しかし通気性の低い素材でも呼吸が出来ているということは、マスクと肌との隙間から流れてくる空気を吸っているということになります。

 

これではマスクを付けている効果も低くなってしまいます。もちろん自分の唾液などが飛散するのを防ぐことはできるので、全く意味がないわけではありません。

 

市販のマスクと似ているからといって、キッチンペーパーなどでマスクを作るのは極力さけましょう。

 

ということで今回は、手作りマスクい適している素材などについてまとめました。

 

マスク不足がなかなか解消されず、既にマスクが手元にないという方も多くいらっしゃることと思います。

 

そこでマスクを手作りで用意することは、感染防止にとても有効だと思います。

 

しかしその時に素材に何が適しているのか、何が適していないのか見極める必要があります。

 

このようなご時世、デマや誤った情報も簡単に拡散されてしまいます。その中から正しい情報を得るのは思っているよりも難しいかもしれません。

 

だけど情報を見た時に、少しだけでもいいので考えて、信憑性があるのか、理にかなっているのか、科学的な根拠があるのかを吟味する必要があると思います。

 

一人一人の少しの意識改革が、ウイルスの拡散防止、そして終息へ近づけると私は思います。

 

関連記事

正しいマスクの付け方とずれてきた時の直し方は?落ちない方法は?

マスクを付けているとずり落ちてくる?下がってくる原因や対処法は?