PayPayで自動車税の支払いで領収書や納税証明書は?車検の時はどうなる?

最近、一般的になって来た【電子決済】スマホの普及で、一般的に広く使用されるようになりました。

 

専用アプリをインストールしたら、「入金する口座もしくはクレジットカード」と紐づけすれば

 

アプリにお金を入れておくことで、決済できしかも、場合によってはキャンペーンや、一部支払い額が戻るなどのメリットも。

 

今回は「PayPay」での【自動車税納税】について調べてみました。

PayPayで自動車税の支払いで領収書や納税証明書は?

 

このGWの季節は、自動車を所有する人にとっては、出費の季節でもあります。

PayPayで自動車税の支払いができるようになった

昨年から、コロナ禍の影響で、電子決済の普及がさらに広がったのですが、それは他人と触れることなく

決済し、買い物ができるというメリットがあるからです。しかし、今回「自動車税」電子決済可能となります。

 

コロナ禍で「緊急時代宣言」が出されている今、わざわざコンビニへ行き支払いを済ませなくても

自宅にいながら、スマホで支払いが終わります。

対応している都道府県は? 

まず「普通自動車税」について、ほとんどの自治体が対応していますが、対応していないのは

  • 北海道
  • 秋田
  • 青森
  • 岩手

になります。こちらの自治体にお住まいの方は、従来通りコンビニなどでの納税が必要となります。

 

そして、「軽自動車税」については、各市町村の管轄のため、対応が分かれています

こちらの「PayPay公式ページ」にて、自分の地域で支払い可能かどうかお確かめください。

 

自治体によっては、水道代なども支払えるので、少しお金が戻る「PayPay」で支払うメリットがうれしいですね。

領収書や納税証明書は? 

もし、「PayPay」支払いをした場合、スマホには支払い履歴が残りますが、【車検時】に必要な

【納税証明書】に支払い済のスタンプがありません。そのため、車検の時に困ることになるのですが、

 

車検の場合はディーラーなどでは、確認すればすぐに分かるそうで、問題はなさそうですね。PayPayの支払い済みの画面を保存したり、印刷する人もいるようです。

 

どうしても納税証明書が欲しい方は普通自動車の場合は、管轄の運輸局へ。軽自動車の場合は、お住まいの自治体へ【再発行】の手続きを行ってください。

紛失などでも再発行ができるので、そのシステムを利用します。

 

ただ、この場合発行までに数週間かかることがあるので、【車検】が近い方は、従来通り

コンビニなどで支払った方が、余分な手間が省け、車検に必要書類が揃います。

PayPayで自動車税の支払いで車検の時はどうなる?

PayPayで支払った場合、本当に【受領】されているのか不安になりますね。

自動車税の支払いで車検の時や自動車の購入の際はどうなる? 

だいたいの場合はディーラー側ですぐに問い合わせて分かるそうですが、それでもどうしても納税証明書が欲しい場合は、自動車税を「PayPay」で支払ったからと言って、車検の時に必要書類として、【納税証明書】運輸局や、市町村から「再発行」してもらえば大丈夫です。

 

ただし、発行に時間がかかるので、普通自動車の場合は1か月くらいの余裕をみて、再発行の手続きが必要になります。

どうしても「間に合わない」と判断した場合や、必要と分かっている場合はコンビニなどで現金支払いしましょう。

 

軽自動車の場合は、ディーラーで車検を受ける時など、紛失していても税務課に取りに行ってくれる場合があります。

しかし、基本的には自分で「紛失による再発行」を行った方がよいでしょう。

 

軽自動車の場合、市町村の窓口で行うので、さほど再発行には時間はかからないと思います。

 

デメリットはあるの?

デメリットとしては、「PayPay」に入金できる金額と、納税額を比較して、納税額が多い場合は利用できません

そして、【車検】の場合は大丈夫なようですが、納税証明書が必要な場合は「納税証明書の再発行」手続きが必要になる。

 

その程度でしょうか!?TOP画面バーコード付近に「スキャン支払い」があるので、

先にアプリに入金を済ませておき、請求書の「CSV」バーコードを読み込むと金額が表示されるので、

 

請求額と一致していれば、「支払い」を済ませるだけです。納税額により0,5%~1,5%の還元があるので、

「納税証明書」の再発行のめんどくささを省くために、コンビニで現金支払いするか、

 

少しでも税金を安くするために、「PayPay」で支払うか。納税額が多いほど、メリットはあると思います。

まとめ

・一部の自治体を除き、「PayPay」で普通自動車税を支払える

・支払いの証明書がどうしても必要な場合は「紛失による再発行」で運輸局に申請する

・「納税証明書」の再発行が、必要時に間に合えば問題ない

・デメリットは「PayPay」に入金できる額よりも、納税額が高い場合は利用できない

 

いかがでしたか?今回は「自動車税」を【PayPay】で支払うことについて、調べてみました。

普段【PayPay】を利用するメリットとして、支払額の一部が還元される。

 

そして、このコロナ禍でできるだけ、人との接触を控えられる。と言うメリットから使用する人も多いと思います。

これが「自動車税」にも対応しているなら、ぜひ!利用したいですね。

 

ただ、【普通自動車】と【軽自動車】は管轄が違うので、運輸局が対応していても

軽自動車を管轄する「市町村」が対応していない場合があるので、しっかりと調べてから利用してください。

PayPayでログインできませんやインターネットに接続できません対処法は?

PayPayに向いている人と使わない方がいい人は?メリット・デメリットは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

30代の子持ちの会社員です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 子供がいて記事を書く時間がなかったり、他のライターさんと協力して記事を書かせて頂いています。ためになる情報も書いていきたいです! ドラマ記事がメインですが、まだ小さい子供もいるので、テレビ記事、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!