レンタルなんもしない人はなぜ何もしないの?理由を調べてみた

まっすーこと増田貴久さんが主演を務めるドラマ「レンタルなんもしない人」は、レンタルなんもしない人というサービスを行いSNSを中心に話題になった人物を描いた作品となっています。

 

実話を基にしたフィクションドラマですね。

 

レンタルなんもしない人というサービスをスタートさせたのは2018年で、以前は知る人ぞ知るサービスだったのですがドラマ化されたことにより依頼が倍増。

 

さまざまな依頼がレンタルさんの元へきているのだとか。一体なぜレンタルなにもしない人というサービスを利用する人が増えているのか。

 

また、なぜレンタルさんはなにもしないのでしょうか。

 

【レンタルなんもしない人】金田は何者かホームレス?5話で言った内容は?

レンタルなんもしない人とは?

 

テレビ東京 ドラマホリック!にて現在放送中の「レンタルなんもしない人」。

 

NEWSの増田貴久さんがレンタルなんもしない人というサービスを行うレンタルさんを演じています。

 

現在第6話まで放送されており、レンタルさんの元へさまざまな依頼が舞い込んできました。

 

ではここでは、ドラマ内で描かれたレンタルなんもしない人への依頼内容を見ていきましょう。

 

【第1話】

・一緒にクリームソーダを飲んでほしい

・東京最後の日に上京初日に行った東京タワーに行きたいので付き添ってほしい

 

【第2話】

・焼き肉食べ放題に同行してほしい

・仕事でトラブルがあり会社に出社するのが怖いから、週明けの出社についてきてほしい

 

【第3話】

・自分のニオイを嗅いで、どのくらい臭いか教えてほしい

・21歳の誕生日を迎える瞬間にお祝いしてほしい

 

【第4話】

・山手線で1日過ごしてみたいので同行してほしい

・離婚届の提出に同行してほしい

 

【第5話】

・ベッド選びに同行してほしい

・夕方6時に「帰りに牛乳」と念を送ってほしい

・「安産すっぽん!」とメッセージを送ってほしい

 

【第6話】

・いっしょにパンケーキを食べに行って欲しい(ドタキャン)

・子連れの外食に付き合ってほしい

 

このように、多種多様な依頼を増田貴久さん演じるレンタルさんはこなしてきました。

 

現実のレンタルなんもしない人がどのような依頼を受けているのかは、レンタルなんもしない人のTwitterアカウントを見ていただけたらと思います。

 

ドラマに負けない(いやドラマ以上に)個性的な依頼が多くレンタルさんの元へは届いています。

 

 

 

「なるほどこういうときに依頼するといいのか」とツイートを見て思っちゃいました。

 

レンタルなんもしない人で増田貴久の衣装のブランドは?帽子やリュックなど

レンタルさんのプロフィール

 

・本名:森本祥司(もりもとしょうじ)

・生年月日:1983年10月22日(現在36歳)

・出身地:兵庫県川西市

・身長:177㎝

・居住地:東京都「国分寺駅」が最寄り駅

 

レンタルさんは実は大学院卒の高学歴。院を卒業した後、学習教材を扱う大手企業・Z会に就職していたと言います。

 

しかし周囲の人と協力して作り上げるという仕事が向いていなかったようでわずか3年で退社します。

 

退職後はコピーライターの養成学校に通っていたと言います。

 

実はこの頃、吉本のお笑い養成所・NSCに行きたいという気持ちもあったのだとか。ですが、お笑い界の上下関係の厳しさに恐れをなしコピーライターの道へ。

 

コピーライターの養成学校で講座を受けると、受講生の中でトップクラスの成績だったと言います。

 

そのため、卒業後はコピーライターとして活動することに。しかし広告業界では体育会系のノリを求められることが多く、自分には向いていないと思ったようでコピーライターも辞めることになりました。

 

その後は編集業界へ。

 

結局編集の仕事も3年で辞めてしまうのですが、このようにレンタルさんは今のレンタルなんもしない人というサービスを行う前はこのように会社勤めをしていたみたいです。

 

レンタルなんもしない人のロケ地や撮影場所はどこ?喫茶店や焼肉屋など

レンタルなんもしない人のロケ地や撮影場所はどこ?エキストラの募集は?

レンタルさんはなぜ何もしないの?理由を調べてみた

 

レンタルなんもしない人というサービスは、ほんとうになにもしないと言います

 

ドラマを見ていただければ分かると思いますが、ほんとうになにもしない、ただそこにいるだけ

 

なぜ、レンタルさんは何もしないのでしょうか。

 

レンタルなんもしない人というサービスは実はドラマ化される前から業界では注目を集めており、これまでに本を出版したり雑誌にてインタビューを受けたりしています。

 

以前レンタルさんは「多くの依頼に共通するのは『確実に敵ではない人がひとりいる』という心強さ」と話していました。

 

以前、人を癒やすロボットを開発している方から『参考にしたい』と依頼がきて、その方が言うには、たとえばロボットでも自分がうれしいときにうれしい、悲しいときに悲しい反応をするものが隣にいるとストレスが軽減される効果がある、と。僕に求められているもののひとつとして、それに似た感情の共有とか安心感とかが挙げられるかもしれません

引用:https://diamond.jp/articles/-/210829?page=2

 

なにもしないけれど、側にいてくれる。自分の存在、行動、言動を否定せずに側にいてくれるというのは現代社会において貴重なことかなと。

 

依頼が急増しているのは、生きにくい今の世の中があるからではないでしょうか。

 

 

レンタルなんもしない人を見逃した!

 

ドラマを見られる!という公式動画サービスがあります。もし興味がある方はチェックしてみてください!

 

>>>レンタルなんもしない人の放送地域や日時は?見れない時は見逃し配信!

 

※Paraviでは2週間無料で見ることができます。その間に解約すればお金は一切かかりません。