【がっちゃんの鉛筆一直線】宮田岳とはどんな人?経歴やプロフィールは?

Pocket

がっちゃんの鉛筆一直線って知っていますか!?

 

毎週月曜~金曜7:00から放送されるNHK・Eテレ「シャキーン!」を毎朝欠かさず見ているという人であれば、知っているでしょう。

 

「シャキーン!」内で不定期で放送されるコーナーなのですが、話題になっているんです。

 

今回は、がっちゃんの鉛筆一直線について。そして出演している宮田岳さんについて紹介していきます!

 

 

【がっちゃんの鉛筆一直線】とは

 

がっちゃんの鉛筆一直線とは、「シャキーン!」で2018年4月から不定期で放送されているコーナーとなります。

 

どのような内容なのかと言いますと、なんと鉛筆を一から作っていくというコーナーなんです!

 

2018年4月からスタートし、なかなか出来上がらない鉛筆(笑)

 

 

すごいガチな感じで鉛筆を一から作っており、なかなかおもしろいんですよ!

 

 

がっちゃんの鉛筆一直線は、「シャキーン!」を見ている視聴者に大人気のコーナーとなっています。不定期コーナーなので放送されたりされなかったり。

 

毎日のようにコーナーが放送されてもいいくらいの人気コーナーなんです!

 

そんな人気コーナーであるがっちゃんの鉛筆一直線が、ついに次回で最終回を迎えることとなりました。最終回が放送されるのは、おそらく3月下旬ではないかとのことです。

 

「シャキーン!」の番組表は、毎週月曜日に更新。2週間分の予定が公開されるということとなります。

 

現在出ている予定では放送されないようなので、3月下旬に最終回が放送されるのではということになります。

 

がっちゃんの鉛筆一直線が次回で最終回ということで、多くの視聴者が、「最後は鉛筆でなにか書いて欲しい」と言っています。

 

一から鉛筆を作るコーナーであるため、鉛筆が出来てコーナーが終了ということになると思うんですよね。

 

また、鉛筆だけに注目しているわけではなく、がっちゃんのかぶっていた帽子にも注目が集まっています。

 

がっちゃんがアワビの殻をごしごし磨くという回があったと思います。えんぴつの「芯」と書かれていた帽子の「芯」の字をアワビでキラキラに装飾するという回がありましたね。

 

えんぴつの完成に期待もありますが、キラキラに装飾した帽子も最終回で披露して欲しいなと思います!

 

多くの視聴者が納得する(笑)最終回となればいいのですが。

 

こういった声が多数ありました。「シャキーン!」を担当しているえらい方々、ぜひよろしくお願いします!

 

 

宮田岳とはどんな人?経歴やプロフィールは?

 

ではここで、がっちゃんの鉛筆一直線というコーナーに出演中の宮田岳さんについて注目していきます!

 

 

・名前 宮田岳(みやたがく)

・生年月日 1991年2月1日

・職業 ベーシスト、漆・木工作家

 

宮田岳さんは、4人組ロックバンド・黒猫チェルシーのベーシストとして活動しています。高校1年生のときに、メンバーである澤竜次から誘われてバンドをスタート。

 

黒猫チェルシーは2010年にメジャーデビューとなりました。ワンマンライブを開催、イベントにも多数参加、楽曲もリリースしていましたが、大ヒットとはならず…。

(知る人ぞ知るバンド!って感じでした)

 

そして、2018年には活動休止を宣言します。ベーシストの顔、そして宮田岳さんには漆・木工作家としての顔もあります。

 

筑波大学大学院に在学していた頃、終了制作として制作した作品「天を仰ぐ円(まる)」が、筑波大学芸術賞を受賞し、茨城県つくば美術館で展示、そして大学にも収蔵されているのは有名なお話です。

 

黒猫チェルシーが活動していた時代には、ライブのグッズを手作りするといったこともしていました。

 

そして現在の、がっちゃんの鉛筆一直線。黒猫チェルシーが活動休止を発表した年にスタートとなり、ファンに見守れながらの一年となりました。

 

 

宮田岳さんは、がっちゃんの鉛筆一直線のおかげで、「シャキーン!」ではお馴染みとなりました。

 

現在流れている東京2020の「パプリカ シャキーンver」では、ベースを弾いて出演しています。

 

黒猫チェルシーを知るファンの方にとっては胸アツですよね…!