恋する母たちの脚本家は大石静!経歴や代表作品の評価は? 

【恋する母たち】はTBS系列で放送されている連続ドラマです。

 

木村佳乃さんがTBSのドラマで主演を務めるのは、何と19年ぶりとのことで、こちらでも放送前から注目されていました。

 

原作は紫門ふみさんによる同名小説で、紫門ふみさんは恋愛マンガのカリスマと呼ばれています。そしてそんな紫門ふみさんとタッグを組むのが、脚本家の大石静さんです。

 

ということで今回はドラマ【恋する母たち】の脚本家、大石静さんについてまとめました。

恋する母たちの脚本家は大石静さん! 

恋する母たちの脚本家は大石静さんです。

 

この物語は木村佳乃さん、吉田羊さん、仲里依紗さんらが、三者三様の家庭環境を持つ三人の母として、一見幸せそうな生活を送っているように見えます。

 

しかし彼女たちには誰にも言えない秘密と悩みがあり、ギリギリのところで平穏を守っています。

 

その彼女たちの心の隙間に入り込む男たちとの恋愛を描くストーリとなっています。

 

大石静さん経歴などプロフィール

では大石静さんのプロフィールを見てみましょう。

 

大石 静(おおいし しずか)

【生年月日】1951915

【年齢】69

【出身】東京都

 

ラブストーリーの名手」と称される大石静さんは、もともと女優を目指して活動していました。

 

1986年に【水曜日の恋人たち 見合いの傾向と対策】という作品で本格的に脚本家デビューを果たし、その後は数々のヒット作を生み出しています。

 

1996年にドラマ【ふたりっ子】で向田邦子賞、橋田賞を受賞するなど業界での評価も絶大です。

 

 

恋する母たちの脚本家は大石静さん代表作品は? 

それでは大石静さんの代表作を見てみましょう。

 

あまりにも手がけている作品が多いので選ぶのが難しいですが、近年では【家売るオンナ】シリーズ2018年に放送された【大恋愛~僕を忘れる君と】などがあります。

 

その他にもNHKの朝ドラや大河ドラマなども数多く手がけています。

 

「ラブストーリーの名手」と呼ばれていますが、ラブストーリーだけではなく重厚な物語も手がけるマルチな脚本家と言えるでしょう。

 

 

大石静さんネットの評価は?

 

それではネットの評価を見てみましょう。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

ツイッターでの評価は上々です。やはり「ラブストーリーの名手」と言われているだけあって、絶妙な台詞回しやドロドロ感が視聴者を虜にしているようですね。

 

また大石静さんは、若手俳優の抜擢に定評があり、過去には内野聖陽さん、佐々木蔵之介さん、堺雅人さん、長谷川博己さんらを自身の作品に起用し、押しも押されぬスターへと成長しています。

 

そのことからも今作から新たなスターが現れるのではないかと、キャスティンでもネットで注目されています。

まとめ

ということで今回は、ドラマ【恋する母たち】の脚本を担当する大石静さんについてまとめました。

 

恋愛マンガのカリスマ、紫門ふみさんとラブストーリーの名手である大石静さんが手がける今作は、まさに最強のタッグと言っても過言ではない出来になっています。

 

それを演じるのが木村佳乃さんを筆頭に実力派の女優俳優陣なので、最後まで私たちを楽しませてくれるでしょう。

 

三人の母とそれを取り巻く男たちの物語、最後はどのような結末を迎えるのでしょうか。最終回まで目が離せません。

 

 

「恋する母たち」1話から見逃した方へ

 

惜しくも「恋する母たち」を1話から見逃がしてしまった方へ。

 

VODのParaviならいつでも1話から何度でも見放題!!

 

>>>恋する母たちの放送地域や再放送は?1話〜見逃した時の動画配信サービスは?

 

他にもParaviでは、女性ではなく男性にスポットを当てたミニドラマ「恋する男たち」も視聴できます。

 

 

https://www.tbs.co.jp/koihaha_tbs/

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E7%9F%B3%E9%9D%99