幸せホルモンのセロトニンとは何か増やす方法などまとめ

Pocket

みなさんこんばんは。

最近、睡眠不足なことがおおい今日この頃ですが、なんとか生活を朝中心の生活にしたいと思っています。

 

今日は、そういったことに深く関わってくるセロトニンの話をします。

 

以前、セロトニンというは何かということと、朝日を浴びると増えると紹介したことがあります。

 

今回は、もう少し踏み込んで解説したいと思います。

 

 

 

 

 

セロトニンは幸せホルモンと言われていて、人間の精神面に大きな影響を与え、心身の安定や心の安らぎに関与するといわれています。

 

セロトニンが不足すると、うつ病や不眠症になりやすいといわれています。また、精神のバランスが崩れてキレたり、精神的に不安定になると言われています。

 

セロトニンは動植物に含まれる物質で、「トリプトファン」というアミノ酸が主原料になっています。

 

セロトニンで脳内だけにあると思っていませんか。実は体内のいろいろなところにあるのです。

 

セロトニンの割合(体内)

 

1、腸内 90%存在する。

驚きですね、脳内ではなくほとんどは腸内にあるそうです。

 

人体 には10ミリグラム程あり、その90%は腸内にあるということは、腸内環境を整えることは非常に重要であるといえます。

 

過敏性腸症候群もセロトニンが関連しているといわれています。

 

2、血液 8%存在する。

 

8%は血小板に収納され、血液循環で体内を巡るそうです。

 

「止血作用」「血管の収縮作用」があるそうです。収縮作用が偏頭痛の原因の1つと言われています。

 

3、脳内 2% これが精神に大きく作用

 

体内のセロトニンのうちわずか2%が脳内にあり、精神面に大きく作用すると考えられています。

 

セロトニンは不足しても、精神疾患にかかったり、逆に多くてもセロトニン症候群になると言われています。

 

セロトニンを増やす方法

 

 

朝中心の生活

人間本来のもっている生活リズムに沿ったもので、この基本を守るこ
とが体にとっても、セロトニンの活発にもいいそうです。

太陽の光を浴びる。

太陽の光を浴びると、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌が減り、
セロトニンの分泌が活発化される。

食事をしっかり噛む。

噛むだけでなく一定のリズムを伴う運動をすると、セロトニンがでるそうです。

腸内環境を整える。

原料となるトリプトファンを脳内に運ぶ為に、腸内環境を整えます。
腸内細菌を育てて、セロトニンを沢山脳に運びましょう。

 

まとめ

 

 

セロトニンの大切さや、セロトニンを増やす方法がわかったと思いますが、何より大切なのは継続していくことです。

こういった規則正しい生活を継続して行うことで、セロトニンが安定して分泌され、心身ともに整っていくのではないでしょうか。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

tomo

30代の子持ちの会社員です。気楽に生きようとしています^^; ADHD発達障害や、うつの既往もありでましたが、今は毎日楽しんでブログを書いてます! 現在は見ての通り、ドラマ関係、トレンド系や生活のネタなどの記事を多く書いています。 朝型の生活にしたいが、仕事の都合や、子供がいて記事を書く時間がなかったり、まだまだですがこれから少しでもためになるような情報も書いていきたいです! まだ小さい子供もいるので、テレビ記事、子供番組なども書いていけたらと思っています! 一つのことに集中するのは苦手な方でいろいろかじってやっているのですが、みなさんが楽しんで読めたり、参考になれば嬉しいです。 間違った情報などあれば、教えていただければ幸いです。 コメントなどくださると嬉しいです!