テレビをアンテナ無しで見る方法は?受信料や必要な設備やグッズは?

2020年も残りわずかとなりましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?今年は新型コロナウイルスが猛威を振るい、今現在も感染者が増加傾向にあります。

 

いつもなら忘年会シーズンでもありますが、今年は自宅にいる方も多いのではないでしょうか。

 

そんな時についつい見てしまうのがTVだと思います。しかしテレビのアンテナがなく視聴を諦めている方も中にはいるのではないでしょうか。

 

ということで今回は、テレビをアンテナなしで見る方法などについてまとめました。

テレビをアンテナ無しで見る方法は?受信料は? 

では早速テレビをアンテナなしで見る方法を紹介しましょう。

テレビをアンテナ無しで見る方法は? 

テレビをアンテナなしで見る方法は、何種類か方法があります。一番ベターなのは、ケーブルテレビや光回線などを契約することです。

 

テレビとネットと固定電話を一括して契約することができますので、アンテナ工事などを行うことなく契約するだけでテレビを見ることができます。もちろんネットや固定電話も使えます。

 

またWOWOWBSCSもオプションのプランを契約するだけで見ることができるようになりますので、様々なジャンルのテレビを見たい方、地上波以外の番組を見たい方などにはオススメです。

 

また最近ではあまり見かけなくなりましたが、ワンセグ対応の携帯電話やテレビなどでも見ることができますね。大画面でとはいきませんが場所を選ばずテレビを見ることができます。

 

またリアルタイムにこだわらないのであれば、NetflixAmazonプライムなども検討してみてもいいでしょう。

 

番組によっては地上波放送後すぐに配信される場合もあります。AbemaTVなどでは先行配信などもありますので、オススメです。

 

このようなサブスクサービスも検討(定額料金サービス)もしてみてはいかがでしょうか。

 

受信料は?

では受信料はどれくらいでしょうか。ケーブルテレビや光回線はそれぞれメリットデメリットがあります。

 

自宅の環境にもよりますが、まず初期費用が変わってきますケーブルテレビは5,000円前後なのに対し、光回線は40,000円ほどになります。

 

月額費はケーブルテレビはプランにもよりますが、2,000円ぐらいから。光回線5,000円ほどの会社が多いようです。

 

ご自身に合ったプランを選択しましょう。

 

BSやWOWOWをアンテナ無しで見る方法は?料金やサービスの違いは?

 

テレビをアンテナ無しで見る為に必要な設備は? 

ではアンテナなしでテレビを見るために必要な設備を紹介します。

テレビをアンテナ無しで見る為に必要な設備やグッズは? 

 

ワンセグなど簡単なものであればこんなものがあります。

 

iPhoneなどスマホで見ることができます。

 

室内アンテナでパソコンにつなぐ形ですね!ちょっとレビューに賛否ありますね^^;

 

ケーブルテレビは有線でテレビを見ることになります。その為にテレビと接続するためのケーブルや工事が必要になります。

 

これらの必要な設備や配線類はケーブルテレビの会社が用意してくれることがほとんどなので、心配の必要はないでしょう。

 

光回線の場合、専用のチューナーが必要になります。チューナーそのものは光回線の業者が持ってきてくれますが、配線に関してはご自身で用意する必要がある場合があります。

 

契約時に業者としっかり確認しておきましょう。

 

 

ツイッターの意見は?

ではツイッターの意見を見てみましょう。

https://platform.twitter.com/widgets.js 家の状況によっては光回線の工事ができない場合もあるようです。

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

契約によってはWOWOWも簡単に見られるようになるみたいですね。

 

ツイッターの意見を見ていると、光回線を契約する人はテレビよりもネット環境を意識しての契約が多いように思います。

まとめ

・光回線契約でTVも

・ケーブルテレビで電話もまとめて

・WOWOWなどはオプションだけ利用する

・ワンセグで視聴する方法もあり

・各設備に必要な物は、事前に工事業者へ確認すること。

 

ということで今回は、テレビをアンテナなしで見る方法についてまとめました。

 

アンテナなしでもテレビを見るとは可能ですが、少し手続き等で難しいことがあるようです。

 

ご自身のライフスタイルにあったプランを業者の方としっかり確認し合いましょう。

 

また今はサブスクの全盛期でもあり様々な会社が参入しています。リアルタイムでの視聴にこだわりがない方は、これらも選択肢に加えてもいいのではないでしょうか。

 

今年は家で過ごす時間がかなり増えました。皆さんの生活を彩る為に、まだまだテレビは必要な媒体だと私は思います。