アンサングシンデレラで薬剤師は薬を味見してもいいの?ネットの意見は?

内科や小児科、産婦人科や外科などこれまで医療をテーマにしたドラマは数えられないほど制作され放送されてきました。

 

そんな中、未だスポットが当たっていなかったものがあります。

 

それは、”薬剤師”。

 

現在放送中のドラマ「アンサングシンデレラ」は薬剤師をテーマにしたドラマとなっています。

 

医療ドラマといえば「現場ではこんなことありえない!」と批判の声が上がることが少なくないですが、

 

今回の「アンサングシンデレラ」でもそれは例外ではないようで…。では、一体どのようなシーンに注目が集まっているのか見ていくことにしましょう。

 

【アンサング・シンデレラ】聖地となるロケ地や撮影場所はどこ?大学や薬局

アンサングシンデレラで薬剤師は薬を味見のシーンがある

 

フジテレビ系列にて毎週木曜22時から放送されているドラマ「アンサングシンデレラ」。

石原さとみさん演じる主人公の葵みどりは萬津総合病院薬剤部に勤務する薬剤師です。

 

(原作では新米薬剤師という設定でしたがドラマではキャリア8年目の中堅薬剤師という設定でした)

 

葵みどりは、たとえ時間がかかったとしても患者一人一人と向き合うことをポリシーにしています。

 

薬剤師の仕事はと聞かれた際、調剤室で医師から出された診断書を見て薬を調合するだけなんて思っていた人は少きっと少なくないのではないでしょうか。

 

ですがドラマで薬剤師の葵みどりは病棟を駆け回り、さまざまな業務をこなしていましたよね。

 

ドラマを見て薬剤師の仕事について印象が変わったという人は多いのではと思います。

 

ドラマ「アンサングシンデレラ」で注目するのは、主人公の葵みどりが薬を味見するシーンです。

 

7月23日(木)に放送された第2話で葵みどりが目隠しをした状態で薬の味見を行い、

「バナン」

「フロモックス」

というように舐めた薬を見事に当てるというシーンがありました。

 

葵みどりは新薬がでるたびに味見をしています

 

味見をする際、薬を口の中で舐めて転がして思いっきり堪能すると熱く語っていました。

(熱く語る葵みどりを見て引いてしまう同僚たち(笑))

 

他の薬剤師って、葵みどりのように新薬が出た際に味見するということをしないのでしょうか。

 

また第2話ではこんなシーンも。

 

マイコプラズマに感染した息子が抗生剤・クラリスロマイシンを嫌がって飲まないということで苦悩する母親・真央(佐藤めぐみ)が登場したのですが、

 

葵みどりは服薬指導の際に真央に薬を味見させるシーンがありました。

 

抗生剤・クラリスロマイシンは最初から甘い味がついている薬であるため、

 

オレンジジュースなど酸味のあるものと一緒に服薬すると驚くほど苦くなるという…。

 

そのため、一緒に服薬するのはチョコレートアイスがおすすめというお話でした。

 

確かに実際に味見をした方が服薬指導だったり、子供に服薬させるときにはいいかもな…。

 

アンサングシンデレラのスポンサーはどこ?薬関係が多いか?

実際のところ薬剤師は薬を味見してもいいの?

 

今回はドラマ「アンサングシンデレラ」で、主人公の葵みどりが薬を味見するシーンについて注目していますが、

 

実際のところ薬剤師は薬を味見してもいいのでしょうか?

 

ネットの意見や感想は?

ではまず、ネット(今回はツイッター)にて、意見や感想を調査してみました。

 

ツイッターにて反応を見てみると、主人公・葵みどりと同業と見られる人たちのツイートが投稿されていました。

 

見てみると、「ありえない」という声が多くあるように思います。

 

味見をする人も中には居るようですが…、どうやら多くはないみたいですね。

 

また第2話で葵みどりが母親の真央に薬を味見させるシーンがありましたが、

 

このシーンに関しても「ありえない」という声が多く投稿されていました。

 

私も子供が居る母親ですが、投薬指導で味見とかしたことないです(笑)

 

実際のところ薬剤師は薬を味見してもいいのかどうか

今回、薬剤師の方たちのブログなどもチェックしてみました。

 

すると、薬剤師が薬を味見するということは決してありえないことではないということが分かりました。(認められているかどうかは不明ですが…)

 

薬を味見する薬剤師も居るには居るようです。

 

さすがに葵みどりのように目隠しした状態で味見をしてどの薬か分かるという人は稀だと思いますが…。

 

ちなみに味見する際は薬品メーカーから出される製剤見本にて行うみたいですよ。