【女ともだち】放送地域や日時は?再放送や無料で見逃し配信はある?

恋愛に揺れる女心を描くなら右に出るものはいないといっても過言ではない柴門ふみ氏が描いた名作漫画「女ともだち」が、

 

2020年4月より実写ドラマとして放送されることになりました。放送枠はBSテレ東で、主演を務めるのは原沙知絵さんです。

 

柴門ふみ氏の世界観が、実写ドラマでどのように描かれるのか非常に楽しみ!

 

今回はドラマ「女ともだち」の放送地域や再放送情報を紹介していきます。

 

また、「うっかり見逃した!」という方のために見逃し配信できるサービスも紹介!ぜひチェックして下さいね!

【女ともだち】概要

 

2020年4月11日(土)よりBSテレ東深夜0時の枠で放送中。

 

脚本を担当するのは福田陽一郎さん、宮川一郎さん、志村みどりさんの3人です!

 

原作となる漫画「女ともだち」の連載がスタートしたのは1983年でした。

 

恋愛、結婚、不倫といった事態に直面したときの女心を主人公のモノローグを多用し丁寧に描いた告白的恋愛白書は当時多くの女性たちの支持を集めました。

 

ドラマでは、時代背景を令和にし描かれるのだと言うです。平成を飛び越え、昭和の作品が今令和へ。

 

現在版「女ともだち」は一体どのような作品となるのでしょうか。

 

キャスト

 

主人公・セツ:原沙知絵

主人公の不倫相手・平井保:袴田吉彦

主人公の親友・ちさと:磯山さやか

ちさとの夫・小野沢ミツル:竹財輝之助

 

女の幸せは男によって決まるのか。不朽の名作の現在版をぜひ多くの女性に見てもらいたいと思います。

【女ともだち】放送地域や日時は?再放送は?

 

ドラマ「女ともだち」の放送局はBSテレ東です。

 

よって放送地域はBSデジタル放送のチューナー、もしくはチューナーが内蔵されたテレビがあれば全国どこからでも視聴することができます。

 

BSボタンを押した後、7チャンネルを選択して下さい。放送日時は毎週土曜日深夜0時からで全国同じみたいですね。

 

ドラマ「女ともだち」が再放送されるかどうかですが、現時点では明らかになっていません。もしかすると今後再放送されるかも。

 

無料で見逃し配信はある?

 

「見逃してしまった…」そういうときありますよね。

 

そこでここからは、見逃してしまった方のために見逃し配信できるサービスを紹介していきます。

 

まずは無料で視聴することができる見逃し配信サービスを紹介!

 

「無料でBSテレ東を視聴できる配信サービスなんてあるの?」と思っているそこのあなた。

 

あるんです!!

 

調査してみたところ、民放公式テレビポータル「TVer」そしてYahoo!の無料動画サービス「GYAO!」にて無料で視聴することができることが明らかになりました!

 

「TVer」も「GYAO!」も無料で視聴することはできますが、1週間期間限定となっています。

 

どちらも最新話のみを1週間限定で視聴できるというサービスですので、見逃さないようにしましょう。

 

>>>NTTぷららが提供するひかりTVはこちら

 

配信VODサイトは?

 

「TVer」や「GYAO!」で無料でドラマ「女ともだち」を視聴できることは分かりましたが、最新話を1週間限定公開であればその配信もまたうっかり見逃してしまいそうですよね…。

 

そんなあなたはこちらに注目!

 

なんと、「ひかりTV」でドラマ「女ともだち」が配信されます!

 

しかも毎週BSテレ東の放送よりも1週間はやくドラマが放送されると言うのです。

 

「ひかりTV」は自宅のテレビに光回線を繋げることで視聴を可能にするサービスとなります。(専用チューナー(レンタル)を自宅に設置する必要あり)

 

運営しているのはNTTぷららです。料金はプランによってさまざまなで、基本放送プランは1,000円(10ch以上)。

 

そこからオプションをつけることで料金が上がっていくというシステムになります。簡単に料金プランを紹介してみましょう。

 

・ビデオざんまいプラン(10ch以上) 通常2,500円 2年割1,500円

・テレビおすすめプラン(50ch以上) 通常2,500円 2年割1,500円

・お値打ちプラン(50ch以上) 通常3,500円 2年割2,500円

 

このように2年割というシステムがあり、料金を安く抑えることができるようです。ちなみにどれも初期設定はかかりません。

 

>>>NTTぷららが提供するひかりTVはこちら

 

ひかりTVのメリット・デメリットは?

 

では最後に、「ひかりTV」のメリット・デメリットを紹介していきます!

 

メリット

 

まず最初に紹介したいメリットは、アンテナ工事が不要ということです。

 

BSの番組を見たいのであれば通常はアンテナ工事をする必要がありますが、

 

「ひかりTV」は専用チューナーを自宅に設置するだけでOKなのでアンテナ工事をする必要はありません!

 

また高画質で番組を視聴することができる。録画も可能というのが「ひかりTV」のメリットであると言えるでしょう。

 

またテレビだけでなくスマホやタブレットからでも視聴可能。最大5台まで登録することができるんですよ!

 

デメリット

 

「ひかりTV」の料金プランを先ほど紹介しましたが、月々の料金が安くなる2年割を設定した場合、解約する際には手数料が発生してしまいます。

 

24ヶ月以内に解約する場合は1万円もの違約金を支払わなければなりません。

 

またこの2年割が適用されるのは24ヶ月目までで、25ヶ月からは安くなりません。

 

また録画はできますが、専用チューナーに録画という方になるため、「ひかりTV」を解約してしまうと録画した番組も見ることができなくなってしまいます。

 

こうしたデメリットもありますので、登録する際にはよく考えて登録して下さいね!

 

>>>NTTぷららが提供するひかりTVはこちら