絶メシロードの主題歌はスカートの標識の影・鉄塔の影!歌詞や配信サイトは?

「カメラを止めるな!」で一躍時の人となった俳優・濱津隆之さんが主演を務めたドラマ「絶メシロード」が、2020年4月11日(月)に最終回を迎えました。

 

絶滅しそうな絶品メシ=絶メシ。

 

ミニバンに乗って絶メシを追い求める男の物語だったのですが、

「おいしいものを追い求める旅がしたい!」

とドラマを見て思った人は少なくなかったのではないでしょうか。

 

今回は、ドラマ「絶メシロード」の主題歌を歌っていたスカートに注目。一体どのような人物が主題歌を歌っていたのでしょうか。

 

主題歌となった「標識の影・鉄塔の影」の歌詞やPV情報、CDの発売日や配信日についても今回は紹介していきたいと思います。

絶メシロードの主題歌はスカートの標識の影・鉄塔の影!

デビュー10周年を迎える澤部渡さんによるソロプロジェクト・スカートが、ドラマ「絶メシロード」の主題歌を担当しました。

 

楽曲は「標識の影・鉄塔の影」です!

 

 

 

Twitterにて反応を調査してみると、このようになかなかの高評価だったみたいです!

 

ドラマ主題歌はドラマの出来を左右するといっても過言ではない重要なものなのですが、ドラマ「絶メシロード」はいわゆる”アタリ”ドラマだったみたいですね!

 

スカートのプロフィール

 

ここからはスカートのプロフィールを紹介していくのですが、先ほど紹介したようにスカートとはミュージシャンとして活動する澤部渡さんのソロプロジェクトとなります。

 

そのためここでは澤部渡さんのプロフィールを紹介していくことにします!

 

・本名:澤部渡(さわべわたる)

・生年月日:1987年12月6日(現在32歳)

・出身地:東京都

 

スカートは、澤部渡さんが2006年にソロプロジェクトとして活動を開始したバンドです。大学時代に結成され、現在に至るまでに何度もメンバーを変えてきたと言います。

 

現在のメンバーはこちら ↓

・ex.昆虫キッズ/ドラムス:佐久間裕太

・カメラ=万年筆/キーボード:佐藤優介

・ex.NATURE DANGER GANG、フジロッ久(仮)/パーカッション:シマダボーイ

・The Uranus、Controversial Spark/ベース:岩崎なおみ

 

これらのメンバーをサポートメンバーとして活動しています。

 

歌詞やMV情報は?

 

ドラマ「絶メシロード」の主題歌となったスカートの「標識の影・鉄塔の影」は、澤部渡さんが作詞・作曲を行ったそうです。

 

「台本を読ませていただきながら詩や曲を書きました。 帰り道のうれしさとさみしさが同時に押し寄せるあの感じが出せたような気がしています。」

 

主題歌を担当することになった澤部渡さんはこのようにコメントしていました。

 

ドラマのために書き下ろしたという楽曲「標識の影・鉄塔の影」の歌詞は、歌ネットという数多くの楽曲の歌詞を掲載しているサイトにて掲載されていました。

 

スカート「標識の影・鉄塔の影」歌詞

 

絶メシを追い求める男を主人公にしたドラマにぴったりの歌詞ですね!

 

気になる「標識の影・鉄塔の影」のMV情報についてですが、調査してみましたがYouTubeなどに公開されてはいないようです。

 

どのようなMVか見てみたかったですね…。

 

 

MVは見つけることがでしたが、YouTubeに投稿されていたドラマ「絶メシロード」の予告動画でスカートの「標識の影・鉄塔の影」が流れるのでぜひ聞いてみて下さい。

CDの販売や配信サイトは?

 

では最後に、スカートの「標識の影・鉄塔の影」のCD発売日や配信情報について紹介していきたいと思います!

 

2020年1月~4月期に放送されたドラマの主題歌だったスカートの「標識の影・鉄塔の影」はすでに販売されていました。

発売日は2020年3月18日でした。

 

箱根駅伝内サッポロビールスペシャルCMソング「駆ける」との両A面シングルとして発売されたこちらのCDは税込1,320円でした。

 

CDジャケットはイラストでかわいらしい感じですね!

 

 

CD販売だけでなく、「標識の影・鉄塔の影」は配信もされました。発売日よりも前に先行配信されていたとのことです。

 

今回は配信サイトを紹介するということなので、こちらにリンクを飛ばしておきます。

 

 

以前はCDを購入するのが主流でしたが、最近ではもっぱらダウンロードになりましたよね。

 

手軽さ、購入すればどこででも楽曲を聞くことができるというのが強みでしょうか。

 

ちなみに配信された1曲の料金は262円でした。

 

CDを購入するよりも安い価格で楽曲を購入できるというのが配信サービスの最大のメリットですね。