日本レコード大賞の受賞者の決め方や審査基準に疑問?噂や裏話がひどい?

Pocket

2018年12月30日(日)に「第60回輝く!日本レコード大賞」が放送されることが決定しました!!

 

毎年レコード大賞を見ると、「もう今年も終わるんだな~」としみじみ。

 

日本を代表する長寿番組の一つですよね。60回も開催されているなんてもう大先輩です(笑)

 

今回は、「日本レコード大賞」について注目していきます!!

 

今回注目するのは、受賞者はどのようにして決まるのかということについてです。

 

毎年いろいろと噂が飛び出す「日本レコード大賞」ですが、噂の真相とは!?

 

スポンサーリンク

日本レコード大賞とは?

 

 

「輝く!日本レコード大賞」とは、TBS系列で毎年年末に放送されている音楽番組となります!!

・優秀作品賞

・再優秀歌唱賞

・新人賞

・特別賞

・最優秀アルバム賞

・作曲賞

・作詩賞

・編曲賞

・企画賞

・日本作曲家協会選奨

・功労賞

・特別功労賞

 

このように数々の賞を受賞したアーティスト、また作品が番組内で表彰されます。

 

優秀作品賞以外の賞は事前に発表されており、表彰のみとなります。

 

「日本レコード大賞」の目玉といえば、その日に決まる最優秀作品賞でしょう!!

 

2018年に開催される「第60回輝く!日本レコード大賞」の最優秀作品賞にノミネートしている作品は、

 

・欅坂46「アンビバレント」

・三山ヒロシ「いごっそ魂」

・TWICE「Make Me Up」

・SEKAI NO OWARI「サザンカ」

・氷川きよし「勝負の花道」

・乃木坂46「シンクロニシティ」

・AKB48「Teacher Teacher」

・三浦大知「Be Myself」

・西野カナ「Bedtime Story」

・DA PAMP「U.S.A」

 

 

 

こちらのアーティスト・楽曲がノミネートされています!!

 

アーティストが番組後半で楽曲を披露、その後発表となるのが毎年の傾向となっています。

 

今年は誰が受賞するのか…、この予想をするのも「レコード大賞」の楽しみですよね!

 

私は去年大ヒットしたDA PAMPの「U.S.A」が大賞に輝くと思います!!

 

スポンサーリンク

受賞者の決め方や審査基準に疑問?噂や裏話がひどい?

 

60回も放送されている長寿番組「日本レコード大賞」

 

実は、受賞者の決め方、審査基準に毎年疑問の声が上がっています

 

ここでは、「レコード大賞」に関する噂、裏話について注目していきます。

 

以前から「出来レースなのでは?」という噂はあった「日本レコード大賞」

 

その噂が決定的になったのは、2015年に開催された「日本レコード大賞」でのことでした。

 

2014年に大賞を受賞した三代目JSB「R.Y.U.S.E.I.」、この曲は爆発的にヒットしたため、

 

大賞を受賞したのも納得でした!!2014年は三代目JSBの年だと言っていいくらい勢いがありましたよね。

 

そして翌年の2015年の「日本レコード大賞」、実は夏頃に「今年はAKB48で決まりかな」という声があったそうです。

 

しかし大賞に輝いたのは2年連続で三代目JSB、大賞曲は「Unfair World」でした。

 

実はこれは、LDHが三代目をごり押しするために、お金を積んだからであると「週刊文春」が報じたのです。

 

「日本レコード大賞」で大きな決定権を持つと言う周防氏は、バーニングプロダクションという力を持つ芸能事務所の社長です。

 

 

周防氏にLDHが大金(なんと1億円!!)をつぎ込んだというのです!!

 

あくまで噂ですが、180万枚売り上げたAKB48ではなく20万枚の売り上げの三代目JSBが選ばれたというのは、なんかしらの裏事情があるのではないかと思います。

 

そして2016年に開催された「日本レコード大賞」、大賞に輝いたのは西野カナさんでした。

 

西野カナさんといえば、平成の歌姫として若い世代の女の子たちに圧倒的支持を集めるアーティストです。

 

人気のあるアーティストであるため大賞を受賞したのも納得ですが、受賞したのは「あなたが好きなところ」という楽曲でした。

 

この曲の受賞に対し、「知らない」という声が殺到したのです。

 

https://twitter.com/kanayanofficial/status/1067393605847764992

 

2016年開催の「日本レコード大賞」にはAKB48や宇多田ヒカルさんなどが出演、そのため「なぜ西野カナが大賞なの?」という声も少なからずあったそうです。

 

西野カナさんの所属する事務所は、ソニー・ミュージックレーベルズという力のある事務所となります。

 

そのため、事務所の力が働いたのではという噂があるようです。

 

2015年のLDHの噂もあるため、このように噂されたのでしょう。

 

あくまで噂ですよ!!

 

しかし、このような賞レースには、裏事情がつきもの…と私は思います。