【Foorin(フーリン)楽団】ドラム担当ひびきのプロフィールは?動画なども

多くの子供たちに歌われている楽曲があります。それは、Foorinの歌う「パプリカ」です!

 

「パプリカ」は<NHK>2020応援ソングプロジェクトの一環として米津玄師さんプロデュースにより作られた楽曲で、2019年の日本レコード大賞では見事最優秀賞に輝きました。

 

そして今、Foorinの「パプリカ」はさらなる進化を遂げています!

 

Foorinの5名と障害や病気を持った10名の子供たちとでFoorin楽団を結成し、歌あり、ダンスあり、楽器演奏ありで「パプリカ」を披露しているんです。

 

そこで今回は、Foorin楽団のメンバーの一人であるひびきさんについて注目!

 

一体どのような人物であるのか。またドラムの腕前などを調査し紹介していきたいと思います。

【Foorin(フーリン)楽団】みさきの年齢などプロフィールは?手歌とは?

ドラム担当ひびきのプロフィールは?

 

Foorin楽団のメンバーであるひびきさんは、現在中学1年生です。

担当はドラム!!実はドラム歴が長く、4歳のときからドラムを演奏しているのだとか。

 

そんなひびきさんは、実は目が見えません

 

2歳のときに目の小児がんにより両目を失明してしまい、見えなくなったと言います。

 

 

NHK公式にて、Foorin楽団のドキュメントが公開されていました ↓

 

こちらの動画では、ひびきさんがドラムを演奏する様子。

 

そして同じ年のひゅうがさんと一緒に海に行ったり、ボルダリングに挑戦したりと楽しんでいる様子を見ることができました。

 

最初はお互いに戸惑っている様子が見てとれましたが、次第に距離が近付いていましたよね。

 

また動画にはFoorin楽団のメンバーが楽しそうに歌って踊って演奏している様子も映っていました。

 

みんなそれぞれ、得意不得意があるけれど、みんなの力を一つにしたら、とても素敵な音楽を奏でることができました。世界中に夢と希望をとどける演奏ができたと思います。

 

Foorin楽団のページにはひびきさんのこのようなコメントが載せられていました。

【Foorin(フーリン)楽団】ダンス担当わかのプロフィールは?年齢や趣味は?

ドラムの腕前は?ツイッター反応など

 

今回は、Foorin楽団のメンバーであるひびきさんに注目しています。

 

実はひびきさんは、結構名の知れた人物なんです。

 

全盲でありながら、音楽を数回聞けば再現することができる天才ドラマーとして2018年に放送された「24時間テレビ」に出演。

 

あのYOSHIKIさんとX JAPANの「紅」「ENDLESS LAIN」を生セッションしていました。

 

ドラムの腕前はかなりのもの!!

 

 

 

ツイッターにて反応を調査したところ、このように高評価でした。

「24時間テレビ」の映像を見て、「感動した」というコメントが多く投稿されていました。

 

動画など

 

全盲の天才ドラマーであるひびきさんの動画がYouTubeに上がっていました。

 

 

ひびきくんは本名を酒井響希と言います。

 

全盲の天才ドラマーであるため、過去にさまざまな番組で密着されています。

 

ドラムを叩いているとき、ほんとに楽しそうですよね!

 

ひびきさんにとってドラムはとても大切なものであることは間違いありません。

 

今後もドラマーとして多くの人を感動させる存在であり続けてほしい。

 

素晴らしい才能の持ち主であるひびきさんの今後の活躍振りが非常に楽しみですよね!!

 

関連記事

パプリカのシャキーン!バージョンの出演者が豪華?忌野清志郎やジャガーも